UFC 249:ライト級暫定王者はゲイジーに! ファーガソン敗れる

UFC UFC PPV コメント 試合結果
UFC 249:トニー・ファーガソン vs. ジャスティン・ゲイジー【アメリカ・フロリダ州ジャクソンビル/2020年5月9日(Photo by Jeff Bottari/Zuffa LLC)】
UFC 249:トニー・ファーガソン vs. ジャスティン・ゲイジー【アメリカ・フロリダ州ジャクソンビル/2020年5月9日(Photo by Jeff Bottari/Zuffa LLC)】
日本時間5月10日(日)、アメリカ・フロリダ州ジャクソンビルのVyStarベテランズ・メモリアル・アリーナでUFC 249が開催され、メインイベントでトニー・ファーガソンとジャスティン・ゲイジーがライト級暫定王座をかけて対戦した。

激しい打撃戦を繰り広げた両者が一歩も譲らず5ラウンド目に突入するも、最後はゲイジーの強打がファーガソンを襲って万事休す。ゲイジーのTKO勝利とともに、ライト級暫定王者の称号も手に入れている。

【メインイベント】
ライト級暫定王者決定戦 5分5ラウンド
●トニー・ファーガソン vs. ジャスティン・ゲイジー○
5ラウンド(3分39秒)TKO


ジャスティン・ゲイジー

「まだ実感できるほどの時間が経っていないから、早く試合を見たくてたまらない。今日はすごく調子が良かった。自分のスキルを信じられたし、コーチも信頼できるし、最高の時間を過ごせたと思っている。とてつもないチャレンジだった。今は本当にうれしい。家に帰って家族に会うのが待ち遠しいね。みんなをどれほど幸せにさせられたかと思うと、最高の気分だよ。試合に臨む瞬間は何も考えていなかった。とにかくベストを尽くそう、と。今日は良かったね。タイミングがバッチリで、コーチも最高、今日は俺も最高だった。俺はこのために生まれてきたし、これをするために育ってきた。人生は一度だけど、俺は最高にクレイジーな人生を歩んでいて、とても最高だ。負けても勝っても、(正タイトルに)チャレンジしたい。そのために全力を尽くすし、すべてをかけるつもりだ」
Facebook Twitter LINE

オクタゴンガール
オフィシャルショップ
FANTASY