UFC 258はウェルター級王座決定戦、3月にはエドワーズ対チマエフ戦がついに実現へ

UFC PPV UFCファイトナイト 対戦カード
UFCは現地20日(水)、2月と3月にファン待望のウェルター級2試合がメインイベントを務めると発表した。

日本時間2月14日(日)に予定されているUFC 258ではウェルター級王者カマル・ウスマンが挑戦者ギルバート・バーンズを迎え撃つこととなり、これまでで最も厳しい試練に立ち向かう。現在、16連勝中のウスマンは2019年にタイロン・ウッドリーから王座を奪った後、コルビー・コビントンやホルヘ・マスビダルを撃破してタイトルを防衛しているが、今度の相手は元チームメイトで6連勝の戦績を引っさげてタイトルに挑むバーンズだ。

また、3月14日(日)にはUFCファイトナイトのメインイベントでレオン・エドワーズとハムザト・チマエフがついに拳を合わせる。イギリス・バーミンガム出身のエドワーズは8試合続けて勝利を収めてタイトル戦線に名乗りを上げているものの、新星ながらオクタゴンで戦った3試合すべてでパフォーマンスボーナスを獲得したチマエフが立ちはだかる。

Facebook Twitter LINE

オクタゴンガール
オフィシャルショップ
FANTASY