デビュー戦でフィリを打ち負かしたケーター

UFC PPV コメント 試合結果
UFC 214:アンドレ・フィリ vs. カルヴィン・ケーター【アメリカ・カリフォルニア州アナハイム/2017年7月29日(Photo by Christian Petersen/Zuffa LLC/Zuffa LLC via Getty Images)】
UFC 214:アンドレ・フィリ vs. カルヴィン・ケーター【アメリカ・カリフォルニア州アナハイム/2017年7月29日(Photo by Christian Petersen/Zuffa LLC/Zuffa LLC via Getty Images)】
日本時間7月30日(日)、アメリカ・カリフォルニア州アナハイムにあるホンダ・センターでUFC 214が開催され、プレリム初戦でフェザー級のアンドレ・フィリとカルヴィン・ケーターが対戦した。

チェ・ドゥホの負傷を受けて急きょオクタゴンデビューが決まったケーターは落ち着いた様子でフィリの出方を探り、第1ラウンド終盤に激しい打撃の応酬を経てフィリの腰が落ちたところをすかさず攻めて行ったケーターだったが、仕留めるには至らなかった。

積極的に打撃を見舞っていくケーターに対し、フィリもしっかりと対策を講じていく。目立った動きがなかった第2ラウンドだが、ケーターが左を当てて右の強打を放つコンビネーションをさく裂させ、フィリに大きなダメージを与えたところでラウンド終了。

最終ラウンドはケーターが若干疲れを見せ、そのスキを突くようにフィリがワンツーから力を込めたパンチを放っていく。ただ、フィリも体力を削られており、足元がふらついたところをテイクダウンされてしまった。

ジャッジの裁定の結果、3ラウンドとも圧倒したケーターがユナニマス判定で白星を手に入れている。

フェザー級マッチ 5分3ラウンド
●アンドレ・フィリ vs. カルヴィン・ケーター○
判定3-0(27-30、27-30、27-30)

カルヴィン・ケーター

「チームやコーチ、マネジメントに全幅の信頼を置いている。全員で今回のチャンスに飛びついた。アンドレはタフな相手だし、2週間しかない中で試合を受けた。しんどいキャンプだったし、しっかりと仕事を果たせてうれしい。体重を確認しないといけなかったけど、チャンスは誰も待ってくれない。UFCから要請があったら答えるしかないんだ。今回の試合を受けて本当にうれしかったし、チャンスを最大に生かせた。そのおかげでここにいる。今回は短期間で試合に臨んだけど、次は上位のランカーとやりたい。キャンプをフルにこなした自分に何ができるか想像してよね」
Facebook Twitter LINE

オクタゴンガール
オフィシャルショップ
FANTASY