トニー・
ファーガソン
21-3-0( W-L-D )
Current Rank: #3 Lightweight
Fight Night Bonuses: 3 Performance of the Night / 1 Fight of the Night
1 Knockout of the Night / 1 Submission of the Night

戦績

スキル分析

チャートは全試合の結果に基づいてコンパイルされます。- 11
レコード: 21-3-0
概要: レスリング、ボクシング、グラウンド&パウンド、コンディショニング

ファイター・インフォ

ニックネーム: エル・ククイ
出身: オックスナード, カリフォルニア州 アメリカ
チーム・本拠地: ベンチュラ, カリフォルニア州 アメリカ
年齢: 32
身長: 5' 11" ( 180 cm )
体重: 155 lb ( 70 kg )
Reach 76"
Leg Reach 40"

ストライキング(打撃)

トータル・ストライキング・アテンプト
0
1048
成功率 38%
399
成功させたストライキング・テクニック
0
399
スタンド 84%
12%
334
18
47
打撃のディフェンス
69
%
打撃回避率

グラップリング(組み技)

トータル・テイクダウン・アテンプト
0
12
成功率 50%
6
成功させたグラップリング・テクニック
 
 
関節技
パス
スウィープ
10
5
2
テイクダウン・ディフェンス
77
%
テイクダウン回避率
結果 ファイター イベント ストライキング テイクダウン サブミッション パスガード 内容 リプレイ Awards
UPCOMING
Tony Ferguson
Landon Vannata
UFC Fight Night: McDonald vs Lineker
7月 13日, 2016年
--
--
--
--
--
--
--
--
--
Win
トニー・ ファーガソン
12月 11日, 2015年
41
61
2
0
0
1
0
1
R2 Submission
Performance of the Night
Fight of the Night
Win
トニー・ ファーガソン
7月 15日, 2015年
33
83
1
0
0
2
0
0
R3 Decision - Unanimous
Performance of the Night
Win
トニー・ ファーガソン
2月 28日, 2015年
11
2
1
0
2
0
1
0
R1 Submission
Performance of the Night
Win
トニー・ ファーガソン
12月 6日, 2014年
20
15
1
2
1
0
1
0
R2 Submission
Win
トニー・ ファーガソン
8月 30日, 2014年
23
23
0
2
1
1
0
3
R3 Decision - Split
Win
トニー・ ファーガソン
5月 24日, 2014年
38
22
1
0
1
0
1
0
R1 KO/TKO
Win
トニー・ ファーガソン
10月 19日, 2013年
5
4
0
0
1
0
0
0
R1 Submission
Submission of the Night
Loss
トニー・ ファーガソン
5月 5日, 2012年
45
67
0
0
0
0
0
0
R3 Decision - Unanimous
Win
トニー・ ファーガソン
12月 3日, 2011年
61
45
1
0
1
0
0
0
R3 Decision - Unanimous
Win
トニー・ ファーガソン
9月 24日, 2011年
31
11
0
0
0
0
0
0
R1 TKO - Doctor's Stoppage
トニー・ ファーガソン
6月 4日, 2011年
12
21
0
2
0
0
0
1
R1 KO/TKO
Knockout of the Night

バイオグラフィー

どんなトレーニングをしていますか?
トレーニングは毎日違う。1つだけ一貫しているのは…限界を破ってきたってことだ。MMAというスポーツの中で自分が強く、良く、速くなれるようにオレは自分をプッシュしてきた。周りはオレと同じ目標ののために準備を整えるポジティブな人たちばかり――つまり試合さ! 俺の腕は毎日試される。ノーギ柔術は常にベストな状態を保ち、日々ドリルをこなす。自分の武器をステップアップさせてきた。

ファイターとしてのトレーニングを始めたのはいつ? きっかけは?
24歳の時に、喜びと自分探しのためにミシガンを出た。そこで見つけたのは大学レスリング後も競技を続けて、多少のおつりをもらう機会だった。アスリートとしてスポットライトを浴びるのはずっと好きだったんだ。何というか、オレは栄光を追いかける猟犬なんだよ。プロ2戦目の後で、オレは本業を辞めて戦いに身をささげることにした。生活は個人トレーニングと護身術の指導でやりくりし、ギリギリの状態だったけど、1日24時間、7日間をジムで過ごすにはそれが必要だった。何が何でも欲しいものがあれば、そのために戦わなきゃダメなんだ。生まれて初めて、すべてのものに合点がいったよ。起きて、早朝からハードにトレーニングし、生活のために戦う。“オレ”がやりたいことをやって生活してるってことを実感させてくれた。ようやく自分の居場所を見つけたんだ。MMAは活動と自己犠牲によって自分を表現させてくれた。オール・オア・ナッシングだ。

どんなランクやタイトルを持っていますか?
ジ・アルティメット・ファイター・シーズン13の優勝者。ミシガン高校アスレチック協会で全州の優秀選手に3回選ばれ、最終学年では州王者になった。グランド・バレー州立大学ではオール・アメリカンに2回、ブラジリアン柔術では紫帯だ。

ヒーローはいますか?
天にまします偉大なお方…神、そしてダン・ゲーブルだ。

あなたにとってUFCで戦うことの意味は何ですか?
オレにとっては世界のすべて!!! 人生でこれほど強く望んだものはほかにない。オレの人生には浮き沈みがあった。でも、何があろうとそれをうまく切り抜けてきた。戦いを続けることができて幸せだよ。世界にオレの力を、肉体的・精神的能力を見せるのがオレの夢であり運命なんだ。
大学には行きましたか?
中 央ミシガン大学とマスキーゴン短期大学に通った。それから、グランドバレー州立大学への道を見つけた。その頃は何になりたいか分からなくて(専攻は理学療 法、刑事司法学、看護学と変えた)、学位を取るのは少し待つことにした。でも今はやりたいことが分かったから、始めたものを終えられるように学業を再開す るつもりだよ!

ファイターになる前の仕事は?
仕事はたくさんやってきたけど、一番長く続けたのはバーテンダーだ。大好きな仕事だったし、たくさんの人とふれあえて楽しかった。人々の身の上話を聞き、温かくいい時間を過ごした。

アマチュア時代の成果は?
アマ初、そして唯一の試合で相手を22秒でノックアウトしたよ!

プロでの成果は?
PureCombatウェルター級世界王者のベルトを持っている。ジ・アルティメット・ファイターでも歴史を作ったはずだ。TUFの1回戦でKO勝ちしたんだからな!

得意なグラップリングテクニックは?
アンクルピックとローシングルだぜ!!!

得意な打撃テクニックは?
左フック、右クロス!!! 連続攻撃だ!
 
●TUF13でチーム・レスナーに所属
●TUFで対戦相手をすべてフィニッシュ
●ノックアウト勝ち11回、サブミッション勝ち6回(ダース2回、トライアングル、RNC3回)
●ニックネームはスペイン語で“子どもをさらう鬼”を意味する
●プロデビューは2008年
●1ラウンド決着は9回
●7連勝中
 

これまでのキャリア

鍵となった対戦相手

アーロン ライリー
アーロン ライリー
29-14-1
( W-L-D )
ラムジー・ ニジェム
ラムジー・ ニジェム
10-5-0
( W-L-D )

鍵となった試合

結果
対戦相手
イベント
リプレイ
勝利
Ramsey Nijem The Ultimate Fighter Finale Team Lesnar vs. Team Dos Santos

この他の選手