ペティス
アンソニー・
19-5-0( W-L-D )
Current Rank: #6 Featherweight
Fight Night Bonuses: 1 Performance of the Night / 1 Fight of the Night
3 Knockout of the Night / 2 Submission of the Night

戦績

スキル分析

チャートは全試合の結果に基づいてコンパイルされます。- 16
レコード: 19-5-0
概要: 優れた打撃、強烈なグラウンドゲーム、創造力

ファイター・インフォ

ニックネーム: ショータイム
出身: ミルウォーキー, ウィスコンシン州 アメリカ
チーム・本拠地: ミルウォーキー, ウィスコンシン州 アメリカ
年齢: 29
身長: 5' 10" ( 177 cm )
体重: 145 lb ( 65 kg )
Reach 72"
Leg Reach 40"

ストライキング(打撃)

トータル・ストライキング・アテンプト
0
1029
成功率 44%
451
成功させたストライキング・テクニック
0
451
スタンド 81%
365
39
47
打撃のディフェンス
58
%
打撃回避率

グラップリング(組み技)

トータル・テイクダウン・アテンプト
0
17
成功率 59%
10
成功させたグラップリング・テクニック
 
 
関節技
パス
スウィープ
14
12
9
テイクダウン・ディフェンス
61
%
テイクダウン回避率
結果 ファイター イベント ストライキング テイクダウン サブミッション パスガード 内容 リプレイ Awards
Win
ペティス アンソニー・
8月 27日, 2016年
53
41
0
4
1
0
2
6
R3 Submission
Loss
ペティス アンソニー・
4月 23日, 2016年
48
73
0
0
0
0
0
0
R3 Decision - Unanimous
Loss
ペティス アンソニー・
1月 17日, 2016年
56
42
0
6
0
0
0
2
R3 Decision - Split
ペティス アンソニー・
3月 14日, 2015年
54
90
0
9
0
0
0
5
R5 Decision - Unanimous
ペティス アンソニー・
12月 6日, 2014年
30
27
0
1
1
0
1
0
R2 Submission
Performance of the Night
ペティス アンソニー・
8月 31日, 2013年
11
9
0
0
0
1
0
0
R1 Submission
Submission of the Night
Win
ペティス アンソニー・
1月 26日, 2013年
18
4
0
0
0
0
0
0
R1 KO/TKO
Knockout of the Night
Win
ペティス アンソニー・
2月 25日, 2012年
9
0
0
0
0
0
0
0
R1 KO/TKO
Knockout of the Night
Win
ペティス アンソニー・
10月 8日, 2011年
21
17
6
3
0
0
2
0
R3 Decision - Split
Loss
ペティス アンソニー・
6月 4日, 2011年
19
14
5
0
0
1
4
2
R3 Decision - Unanimous
Anthony Pettis
WEC 53: Henderson vs. Pettis
12月 16日, 2010年
38
42
3
2
2
4
3
4
R5 Decision - Unanimous
Fight of the Night
Win
Anthony Pettis
WEC 50: Cruz vs. Benavidez
8月 18日, 2010年
16
37
2
2
1
2
2
1
R3 Submission
Submission of the Night
Win
Anthony Pettis
WEC 48: Aldo vs. Faber
4月 24日, 2010年
9
16
3
0
0
1
0
0
R2 Submission
Win
Anthony Pettis
WEC 47: Bowles vs. Cruz
3月 6日, 2010年
4
5
0
1
0
0
0
0
R1 KO/TKO
Knockout of the Night
Loss
Anthony Pettis
WEC 45: Cerrone vs. Ratcliff
12月 19日, 2009年
29
39
1
0
0
0
1
0
R3 Decision - Split
Win
Anthony Pettis
WEC 41: Brown vs. Faber 2
6月 7日, 2009年
1
3
0
1
3
0
0
1
R1 Submission

バイオグラフィー

アンソニー・ペティスはMMAファイターが持つべきすべてを持っている。足が速く、パワフルなパンチを持ち、スタンドアップゲームに強く、オクタゴンの中で観衆を楽しませる方法を知っている。

ニックネームが“ショータイム”なのも納得だ。

「オレはすごく派手なファイターだ」とかつてペティスは語ったことがある。「だから観衆が熱狂するテクニックは何でも好きだ」

ペティスはUFCライト級のタイトルを2013年8月から2015年3月まで保持していた。しかし、それと同じくらい有名なのは、WECのタイトルが懸かった2010年にベンソン・ヘンダーソン相手に見せた“ショータイムキック”だ。

接戦となった5ラウンドで、ペティスはこの技を繰り出した。ケージを蹴って右足でキックを決め、ヘンダーソンをキャンバスに沈めた。このアクロバットで彼はこのラウンドを制し、ユナニマス判定を勝ち取ってWECライト級のベルトを手に入れている。

UFCとWEC統合後の初戦となった2011年6月にペティスはクレイ・グイダに判定負けを喫している。しかし、その後はジェレミー・スティーブンス、ジョー・ローゾン、ドナルド“カウボーイ”セラーニを相手に勝利し、最後の2人に対しては1ラウンドでノックアウトを決めてタイトル争いに名乗りを上げた。

そのチャンスはUFC 164で、けがをしたT.J.グラントの代役としてめぐってきた。ヘンダーソンと2度目の対戦に臨んだ彼は、2012年にヘンダーソンが勝ち取り、3回にわたって防衛していた王座に挑んだ。

ここでもペティスは1ラウンド終盤にアームバーを決めて先制し、タイトルを勝ち取った。

ジ・アルティメット・ファイター 20ではギルバート・メレンデスの相手としてコーチに選ばれ、その後2人はラスベガスのUFC 181で対決した。第2ラウンドでギロチンチョークを使ってサブミッション勝ちしたペティスがベルトを守っている。

しかし、彼はUFC 185でハファエル・ドス・アンジョスにユナニマス判定で敗れてタイトルを失った。復活は肘のけがによって阻まれたが、今もペティスがライト級で恐るべきファイターであることに変わりはない。戦績は18勝3敗、ノックアウト勝ち10回とサブミッション勝ち5回を誇る。

ミルウォーキーのルーファスポーツでトレーニングするペティスはテコンドー3段の黒帯で、2014年にはウィーティーズ・シリアルのパッケージを飾った。
●WECでの戦績は5勝1敗
●ノックアウト勝ち10回、サブミッション勝ち5回(アームバー、トライアングル3回、ギロチン)
●過去12戦で9勝
●フェンスを蹴ってヘンダーソンに決めた“ショータイムキック”は何日もESPNハイライトリールのトップを飾った
●WECではヘンダーソン戦でファイト・オブ・ザ・ナイトを、ダニー・カスティーリョ戦ではノックアウト・オブ・ザ・ナイトを、シェーン・ローラー戦ではサブミッション・オブ・ザ・ナイトを獲得している
●MTVのドキュメンタリーシリーズ“ワールド・オブ・ジェンクス”で取り上げられたことがある
●ウィーティーズのパッケージに選ばれたUFCファイターは彼が初めて

これまでのキャリア

練習仲間

パット ベイリー
ベイリー パット
8-7-0
( W-L-D )
エリック・ コク
コク エリック・
15-4-0
( W-L-D )

鍵となった対戦相手

シェーン ローラー
ローラー シェーン
11-7-0
( W-L-D )

この他の選手