ケーター戦をユナニマス判定で勝利したモイカノ

UFC PPV コメント 試合結果
UFC 223:ヘナート・モイカノ vs. カルヴィン・ケーター【アメリカ・ニューヨーク州ブルックリン/2018年4月7日(Photo by Jeff Bottari/Zuffa LLC/Zuffa LLC via Getty Images)】
UFC 223:ヘナート・モイカノ vs. カルヴィン・ケーター【アメリカ・ニューヨーク州ブルックリン/2018年4月7日(Photo by Jeff Bottari/Zuffa LLC/Zuffa LLC via Getty Images)】
日本時間4月8日(日)、アメリカ・ニューヨーク州ブルックリンのバークレイズ・センターにてUFC 223が開催され、フェザー級のヘナート・モイカノとカルヴィン・ケーターが対戦した。

開始直後にモイカノがローキックを放ってからはしばらく見合う時間が続いていたが、徐々に距離を詰め、ケーターが連打を放てばモイカノもコンビネーション技で反撃。大きな展開につながる動きはなかったものの、両者とも少しずつ有効打を重ねている。

第2ラウンドに入ると互いにペースアップ。モイカノは相手の足元やボディ、頭部を狙った蹴りを中心に組み立て、ケーターはワンツーで距離を取りながら鋭いジャブやストレートでダメージを与えていった。

ケーターが勢いをつけた最後のラウンドは序盤こそ攻めに転じるかと思われたものの、モイカノが盛り返して強力なボディショットやヘッドキック、ジャブを打ち込んでいる。さらに、右の強打でケーターにダメージを負わせたモイカノは最後までプレッシャーをかけ続けた。

判定の結果、3名のジャッジはいずれもモイカノの勝利を支持した。

フェザー級マッチ 5分3ラウンド
○ヘナート・モイカノ vs. カルヴィン・ケーター●
判定3-0(30-27、29-28、30-27)

ヘナート・モイカノ


「ケーターのことはとても尊敬している。ものすごくタフなヤツだし、今回はかなり手強い試合になると分かっていたけど、同時に、自分がケーターよりも優れていると思っている。慎重にならないといけなかったし、相手のことを尊重すべきだと思った。彼はいいやつだからね。でも、試合を見ていたら弱点があったんだ。キックをブロックする方法を知らないみたいだったから、それを利用できると思った。圧倒したかったし、かなり圧倒できたと思う。世界のトップと戦いたい。フランキー・エドガーとカブ・スワンソンの勝者とやれたら、最高のマッチアップなんじゃないかと思うけどな。もちろん、UFCの意見を聞くつもりだし、彼らが何を考えているか確認するけど、その試合を次にするのが一番いいと思う」
Facebook Twitter LINE

NEXT MATCH次の試合

チケット
オクタゴンガール
オフィシャルショップ
FANTASY