ベクティックがラマスに判定勝ち

UFC PPV コメント 試合結果
UFC 225:リカルド・ラマス vs. ミアサド・ベクティック【アメリカ・イリノイ州シカゴ/2018年6月9日(Photo by Josh Hedges/Zuffa LLC/Zuffa LLC via Getty Images)】
UFC 225:リカルド・ラマス vs. ミアサド・ベクティック【アメリカ・イリノイ州シカゴ/2018年6月9日(Photo by Josh Hedges/Zuffa LLC/Zuffa LLC via Getty Images)】
日本時間6月10日(日)、アメリカ・イリノイ州シカゴのユナイテッド・センターにてUFC 225が開催され、フェザー級ランキング7位のリカルド・ラマスと同11位につけるミアサド・ベクティックが対戦した。

オクタゴン中央寄りに陣取りながらもベクティックとの距離を詰めてプレッシャーをかけていったラマスは早々にテイクダウンを成功させている。何とか切り替えしたベクティックもラマスにタックルからグラウンドゲームを仕掛けたが、思うような展開には持ち込めていない。

インターバルを経て迎えた第2ラウンドも、それぞれが前に出る姿勢を崩さず、互いに相手を削っていく。残り10秒を切ってラマスが飛び蹴りをヒットさせるも、ダウンを奪うほどの威力はなかった。

もつれ合う中でベクティックがマウントポジションを取れば、ラマスが華麗に切り替えしていく流れが続いていたが、下になったラマスに首を取られたベクティックがチョークを食らう危機に直面。そこではうまく抜け出したベクティックだったが、ラマスにマウントを取られた後、再びチョークを仕掛けられてピンチの場面を迎える。ラマスは何度もフィニッシュを狙ったものの、結局、技を仕掛け切れず、勝負の行方はジャッジに委ねられた。

3名のジャッジは判断が分かれたものの、スプリット判定でベクティックに軍配が上がっている。

フェザー級マッチ 5分3ラウンド
●リカルド・ラマス vs. ミアサド・ベクティック○
判定2-1(29-28、28-29、27-30)

ミアサド・ベクティック


「今回の試合をみんなが楽しみにしていてくれたことは知っているし、相手の地元で戦うってことも分かっていたから、スプリット判定になるとなったらちょっと心配になるものさ。でも、自分の方が勝っていたと思ったし、どのラウンドもしっかりと仕事を果たしていたから俺の方が圧倒していた。俺の1敗はベテラン相手だったから、リカルド・ラマスはもう長いことやっているし、世界のベストファイターの1人だ。アルドと戦った人だからね・・・。だから、エルキンス戦のミスから学びたかったし、今回の試合で生かしたかった。7位の相手を倒したところだから、少なくとも自分が7位にはなれると思っている。もっと上に行きたい。チャールズ・オリベイラがフェザー級に戻ろうかと言っているみたいだから、彼とやれたらいいな。でも、自分のランキングを上げてくれる相手ならいい。誰が相手でもいくよ」
Facebook Twitter LINE

チケット
オクタゴンガール
オフィシャルショップ
FANTASY