【注目株】UFCファイトナイト・ミルウォーキー:ドワイト・グラント

UFCファイトナイト
トップクラスのチームであるAmerican Kickboxing Academy(AKA)の一員で、7連勝を記録するドワイト・グラントは、6月に開催されたデイナ・ホワイトのチューズデーナイト・コンテンダーシリーズでタイラー・ヒルを相手にフィニッシュを決めてUFCとの契約を勝ち取った。

2011年にプロデビューし、一度は試合と試合の間が32カ月開いたグラント。6月のヒル戦の前には19カ月の空白期間があった。そんなグラントが短い期間でケージに戻ってきたときにどのようなパフォーマンスを見せるかは興味深いところだ。ヒルとの対戦でキレのあるボクシングと忍耐強さを示したヒルは、ミルウォーキーでの一戦に向けてスターぞろいのAKAで十分な準備をしてくるはずだ。

当初はRoufusport所属のエリック・コクと戦う予定だったものの、対戦相手はザク・オットーに変更された。オットーはUFCでの6戦で勝利と敗北を繰り返しており、前戦ではセージ・ノースカットに第2ラウンドで仕留められている。

ウェルター級の中では大きな身体と優れたコンディショニングが持ち味のグラントは、UFCデビュー戦で白星を飾るという最高の形で2018年を終えようと狙っている。
Facebook Twitter LINE

NEXT MATCH次の試合

オクタゴンガール
オフィシャルショップ
FANTASY