UFC 237:アンドラージが王座奪取! ナマユナスをKO

UFC PPV コメント 試合結果
UFC 237:ローズ・ナマユナス vs. ジェシカ・アンドラージ【ブラジル バーハ・ダ・チジュカ/2019年5月11日(Photo by Buda Mendes/Zuffa LLC/Zuffa LLC via Getty Images)】
UFC 237:ローズ・ナマユナス vs. ジェシカ・アンドラージ【ブラジル バーハ・ダ・チジュカ/2019年5月11日(Photo by Buda Mendes/Zuffa LLC/Zuffa LLC via Getty Images)】
日本時間5月12日(日)、ブラジル・リオデジャネイロ近郊の街、バーハ・ダ・チジュカにあるジュネス・アリーナを舞台にUFC 237が開催され、メインイベントで女子ストロー級王座をかけて女王ローズ・ナマユナスと挑戦者ジェシカ・アンドラージが対戦した。

開始直後から間合いをつめて打ち合いながら、アンドラージが積極的に前へ出て打撃を繰り出すとナマユナスも動きを見ながら反撃する。アンドラージは開始早々に左のまぶたをカットされて流血していたものの、前進することをやめない。その後、ナマユナスのパンチをガードして少しかがんだところに膝蹴りをもらいダウンするも、ナマユナスの追撃をなんとかしのいだ。

2ラウンドに入っても打撃の応酬は続いたが、組みついていったアンドラージがナマユナスを抱え上げてオクタゴンにたたきつける。頭部から落下したナマユナスは動けなくなりノックダウン。すぐさまレフェリーが試合をストップさせ、アンドラージがナマユナスに豪快なKO勝利、女子ストロー級の新チャンピオンに輝いた。

【メインイベント】
女子ストロー級タイトルマッチ 5分5ラウンド
●ローズ・ナマユナス vs. ジェシカ・アンドラージ○
2ラウンド(2分58秒)KO


ジェシカ・アンドラージ

「まだ自分がUFC女子ストロー級チャンピオンなんて実感がわかない。試合中に何が起きたのかさえも話せないくらいなの。パラレルワールドにいるような気分。私が勝ったってことを実感しただけ。私の肩にベルトが載せられるなんてイリュージョンだと言った人がいたけど、これでどう。地元でタイトル戦に勝つ、家族もチームもいてくれて、人生で一度も経験したことのない最高に素晴らしい気分よ」
Facebook Twitter LINE

オクタゴンガール
オフィシャルショップ
FANTASY