UFCファイトナイト・モスクワ:アンカラエフがKO勝利、アブバカル・ヌルマゴメドフは黒星

UFCファイトナイト コメント 試合結果
UFCファイトナイト・モスクワ:マゴメド・アンカラエフ vs. ダルチャ・ランギアムブーラ【ロシア・モスクワ/2019年11月9日(Photo by Jeff Bottari/Zuffa LLC/Zuffa LLC via Getty Images)】
UFCファイトナイト・モスクワ:マゴメド・アンカラエフ vs. ダルチャ・ランギアムブーラ【ロシア・モスクワ/2019年11月9日(Photo by Jeff Bottari/Zuffa LLC/Zuffa LLC via Getty Images)】
日本時間11月10日(日)、ロシア・モスクワにあるCSKAアリーナにてUFCファイトナイト・モスクワが開催され、現UFCライト級王者であるハビブ・ヌルマゴメドフのいとこで、今回がオクタゴンデビュー戦だったアブバカル・ヌルマゴメドフはダビッド・ザワダに三角絞めを決められ、1ラウンドで一本負けを喫した。

【プレリム】
ライトヘビー級マッチ 5分3ラウンド
○マゴメド・アンカラエフ vs. ダルチャ・ランギアムブーラ●
3ラウンド(0分29秒)KO


マゴメド・アンカラエフ

「第1ラウンドは何かが変だった。少しミスもあったけど、うまく立て直してからはすべてがスムーズにいった。結果にはとても満足しているけれど、ミスがいろいろあった。ケリでノックアウトしたかったのに、距離感がつかめず、向こうのテンポもつかめなかった。最初のラウンドが終わってからはそれが分かるようになったし、すべて思い通りにできた」


ウェルター級マッチ 5分3ラウンド
○ルスタム・ハビロフ vs. セルゲイ・カンドチコ●
判定3-0(30-27、29-28、29-28)


ルスタム・ハビロフ

「試合は予想通りだった。ド頭から打撃で攻めていけば第3ラウンドには向こうが疲れるだろうと思っていた。相手のフィジカルがあんなに強いとは思っていなかったんだ。ダブルレッグのテイクダウンを狙ってきた時なんかは特にそう。常に両手で俺の手首をつかんでいた。フィジカルが強くて抜け出せなかったんだ。でも、第3ラウンドは向こうが疲れ始めていて、こっちがダブルレッグのテイクダウンを仕掛けるべきだと気づいた。自分のパフォーマンスにはとても満足している。次の対戦相手が誰になるのか全然分からないけど、この階級の地盤を固めてもっとがんばらないといけないのは分かっている」


ミドル級マッチ 5分3ラウンド
●ロマン・コプィロフ vs. カール・ロバーソン○
3ラウンド(4分01秒)サブミッション(リアネイキドチョーク)


カール・ロバーソン

「これがあるから戦っているのさ。今回は相手の地元だったから、向こうが来るのは分かっていた。ヤツはファンのためにがんばるしかなかったからな。相手は新顔だけど、今日は力を示していたと思う。緊張していなかったしね。しっかり向かってきた。思っていたよりも速かった。経験の差かな。経験を積めば大丈夫だろう。俺は結果を残したかったし、フィニッシュしないといけないと思って試合に臨んだ。判定なんてゴメンだ。特に相手の母国ならなおさらね。エリク・アンダースとやりたい。彼は戦うのが好きだし、俺もそう。やろうぜ」


ウェルター級マッチ 5分3ラウンド
●アブバカル・ヌルマゴメドフ vs. ダビッド・ザワダ○
1ラウンド(2分50秒)サブミッション(トライアングルチョーク)


ダビッド・ザワダ

「1ラウンドだったけど、あまり焦りたくはなかった。ゆっくりスタートしたかったんだけど、2回も良いジャブを食らった。だから前に出ていったらテイクダウンを取られたけど、その対策はしてあったからな。俺はグラウンドに強いし、関節技を仕掛けるのもうまい。向こうが立とうとしていたけど、そこを捕らえるのさ。勝利できてうれしい。いい気分だし力がみなぎっている。俺にとっては重要な勝利だ。落ち着いていけた。しっかり臨んで向こうのミスを生かしたんだ。次にやりたい誰かはいないけど、今回の相手はビッグネームだったし、またビッグネームとやりたい。トップ15の誰かだといいな。ヤツら全員をぶっ倒していく。またビッグネームとやれたらうれしい」


ライト級マッチ 5分3ラウンド
●アレクサンダー・ヤコブレフ vs. ルーズベルト・ロバーツ○
判定3-0(28-29、28-29、28-29)


ルーズベルト・ロバーツ

「もう少し打撃を入れていきたかったのに、向こうのテイクダウンが強力だった。かなり慎重にならないといけなかったけど、ほとんどは思っていた通りにできたと思う。もっとうまくやれたという気持ちはあるけどな。もっとまともにやれたはずだけど、勝ちは勝ちだ。それには満足している。もっとうまくなって戻ってくる。今は家に帰ってタコスを食べたい。来年、次にどうするかを決めようと思う」


女子バンタム級マッチ 5分3ラウンド
●ジェシカ・ローズ・クラーク vs. パニー・キアンザド○
判定3-0(27-30、27-30、27-30)


パニー・キアンザド

「私は普段、泣き虫なんだけど、泣けないくらい本当にうれしい。とても圧倒されているわ。向こうからもっとプレッシャーをかけられると思っていたし、テイクダウンを狙ってくると思っていた。私はテイクダウンが多めに思えるかもしれないけど、打撃も全然問題ない。どの部分でも自分が勝っていると思っているし、とにかく楽しみたかった。ランキングの上位にいる人とやりたい。自分が今、どのくらい上位にいるのか分からないけどね。また戦いたいし、12月か1月かも。すぐにまた戦いたい。体調はバッチリよ」


バンタム級マッチ 5分3ラウンド
●グリゴリー・ポポフ vs. デビッド・グラント○
判定2-1(28-29、28-29、29-28)


デビッド・グラント

「グラウンドでもう少しいけると思っていたのに、向こうがうまかった。アームバーはかなり深く決められたし、抜け出すのが大変だった。相手を尊重していないわけじゃなくて、打撃の方がうまいと思っていただけ。速すぎる感じがしたし、彼はつかまえにくかった。今回の勝利には大喜びだ。次に誰とやりたいとかはない。誰とでも戦う。また勝ててとにかくうれしい。すぐにまた試合を組んでもらえることを願っている」
Facebook Twitter LINE

NEXT MATCH次の試合

オクタゴンガール
オフィシャルショップ
FANTASY