サイボーグが念願のUFCタイトル獲得!

UFC PPV コメント 試合結果
UFC 214:クリスチャン・サイボーグ vs. トーニャ・エヴァンジャー【アメリカ・カリフォルニア州アナハイム/2017年7月29日(Photo by Josh Hedges/Zuffa LLC/Zuffa LLC via Getty Images)】
UFC 214:クリスチャン・サイボーグ vs. トーニャ・エヴァンジャー【アメリカ・カリフォルニア州アナハイム/2017年7月29日(Photo by Josh Hedges/Zuffa LLC/Zuffa LLC via Getty Images)】
日本時間7月30日(日)、アメリカ・カリフォルニア州アナハイムにあるホンダ・センターでUFC 214が開催され、クリスチャン・サイボーグとトーニャ・エヴァンジャーが女子フェザー級王座をかけて対戦した。

開始直後、足を滑らせてしまったエヴァンジャーはリズムが狂ったのか、サイボーグの連打を浴びたが、打撃で攻めてくるサイボーグの拳をかわしながらテイクダウンを狙う。サイボーグの回し蹴りをつかまえたエヴァンジャーはケージ際に追い込んで引きずり倒すも、サイボーグが持ち直してスタンディングに戻った。ただ、エヴァンジャーの指がサイボーグの目に入ったことから、一時休戦。メディカルチームのゴーサインを得て試合は再開された。エヴァンジャーから強烈な一発を食らったサイボーグはラウンド終盤にかけてワンツーから膝、ハイキックと技を繰り出す。

エヴァンジャーは強烈な蹴りをサイボーグの左足に放っていくが、サイボーグの右拳が勢いを増し、さらにヘッドキックも決まってサイボーグが主導権を握り始めた。第3ラウンドを迎えるとエヴァンジャーに明らかな疲れが見え、サイボーグもまた息が上がっている様子をうかがわせたが、それでも前に出てジャブを打ち込んでいく。エヴァンジャーに厳しいプレッシャーをかけ続けるサイボーグは右の拳と蹴りで追い込み、左膝をボディに食らわせて最後は心が折れたエヴァンジャーをノックアウト。

その経歴に恥じぬ見事なパフォーマンスでサイボーグが女子フェザー級王者に輝いた。

女子フェザー級タイトルマッチ 5分5ラウンド
○クリスチャン・サイボーグ vs. トーニャ・エヴァンジャー●
3ラウンド(1分56秒)TKO

クリスチャン・サイボーグ

「言葉がないわ。試合を見てくれたファンに感謝したい。サイボーグネーションは永遠よ。これまでのキャリアでいろいろとあったし、ケージの中でただクレイジーになっていたこともあったけど、今は戦いを学んでいる。落ち着いて戦える。世界チャンピオンになれて本当にうれしいし、今、キャリアの絶頂にいると思うから、パーフェクトなタイミングね。本当にうれしい。チームの皆、チャンスをくれたデイナ・ホワイト、友達、家族に感謝している。このオクタゴンで最高の試合をお見せするわ」

「このベルトを腰に巻けることにとても満足しているし、誇りに思っている。これを奪われるなんてとんでもない。3つ目のベルトを期待してくれていたサイボーグネーションのファンの皆、取ったわよ。今回はとても落ち着いていて、うまくパンチと蹴りのタイミングを計算できた。トーニャのことはとても尊敬している。手強いファイターだし、彼女の階級でチャンスがあることを願っている。次がどうなるか分からないけど、ホリー・ホルムと戦いたい。素晴らしいチャンピオンだったと思うし、ファンもきっと私たちの試合が見たいはずよ」
Facebook Twitter LINE

NEXT MATCH次の試合

オクタゴンガール
オフィシャルショップ
FANTASY