ドンヒョン
キム・
21-3-1, 1NC( W-L-D )
Current Rank: #8 Welterweight
Fight Night Bonuses: 1 Performance of the Night / 1 Knockout of the Night

戦績

スキル分析

チャートは全試合の結果に基づいてコンパイルされます。- 16
レコード: 21-3-1, 1NC
概要: オールラウンダー、柔道、テイクダウン

ファイター・インフォ

ニックネーム: ザ・スタンガン
出身: 水原 大韓民国
チーム・本拠地: 釜山 大韓民国
年齢: 35
身長: 6' 2" ( 187 cm )
体重: 170 lb ( 77 kg )
Reach 76"
Leg Reach 42"

ストライキング(打撃)

トータル・ストライキング・アテンプト
0
704
成功率 52%
369
成功させたストライキング・テクニック
0
369
31%
20%
グラウンド 50%
113
73
183
打撃のディフェンス
60
%
打撃回避率

グラップリング(組み技)

トータル・テイクダウン・アテンプト
0
77
成功率 44%
34
成功させたグラップリング・テクニック
 
 
関節技
パス
スウィープ
8
45
2
テイクダウン・ディフェンス
82
%
テイクダウン回避率
結果 ファイター イベント ストライキング テイクダウン サブミッション パスガード 内容 リプレイ Awards
UPCOMING
Dong Hyun Kim
UFC 207: Nunes vs. Rousey
12月 30日, 2016年
--
--
--
--
--
--
--
--
--
Win
ドンヒョン キム・
11月 28日, 2015年
6
0
1
0
0
0
1
0
R1 KO/TKO
Win
ドンヒョン キム・
5月 23日, 2015年
30
20
1
0
1
0
2
0
R3 Submission
Loss
ドンヒョン キム・
8月 23日, 2014年
13
2
0
0
0
0
0
0
R1 KO/TKO
Win
ドンヒョン キム・
3月 1日, 2014年
27
27
1
1
0
0
1
0
R3 KO/TKO
Performance of the Night
Win
ドンヒョン キム・
10月 9日, 2013年
28
11
0
1
0
0
0
1
R2 KO/TKO
Knockout of the Night
Win
ドンヒョン キム・
3月 2日, 2013年
23
5
3
0
1
0
8
0
R3 Decision - Unanimous
Win
ドンヒョン キム・
11月 10日, 2012年
22
2
3
0
2
0
3
0
R3 Decision - Unanimous
Loss
ドンヒョン キム・
7月 7日, 2012年
8
1
0
1
0
0
0
1
R1 KO/TKO
Win
ドンヒョン キム・
12月 30日, 2011年
53
32
2
0
0
0
1
1
R3 Decision - Unanimous
Loss
ドンヒョン キム・
7月 2日, 2011年
8
1
0
1
1
0
1
0
R1 KO/TKO
Win
ドンヒョン キム・
1月 1日, 2011年
36
19
1
3
1
0
1
3
R3 Decision - Unanimous
Win
ドンヒョン キム・
5月 29日, 2010年
10
30
0
6
0
0
0
7
R3 Decision - Unanimous
Win
ドンヒョン キム・
7月 11日, 2009年
29
22
4
1
1
0
1
0
R3 Decision - Unanimous
NO CONTEST
ドンヒョン キム・
1月 31日, 2009年
24
19
2
2
1
2
1
2
R3 Overturned
Win
ドンヒョン キム・
9月 6日, 2008年
12
48
3
1
1
2
5
1
R3 Decision - Split
Win
ドンヒョン キム・
5月 24日, 2008年
77
2
3
0
0
0
10
0
R3 KO/TKO

バイオグラフィー

韓国のヒーローが戦う勇姿を見ようと、彼のファンは徹夜でテレビの放映を待つ。キム・ドンヒョンはオクタゴンに足を踏み入れるたびに大きな期待をその両肩に背負っている。しかし、すでにUFCでジェイソン・タンとマット・ブラウンに勝利したアグレッシブでエキサイティングな柔道黒帯の持ち主である“スタンガン”は、自分への約束だけでなく、母国への約束を果たす準備ができていることを証明済みだ。

ファイターとしてのトレーニングを始めたのはいつ? きっかけは?
オレがMMAのトレーニングを始めたのは2004年だ。修斗やUFCのビデオを何度か見て、どれも最高だった。本当に血がたぎったんだ。

どんなランクやタイトルを持っていますか?
柔道4段黒帯だ。

ヒーローはいますか?
アンデウソン・シウバ。

あなたにとってUFCとは?
世界最高のファイトイベントであるUFCで戦えるのは光栄だよ。世界中のMMAファンにオレの才能を見せる大きなチャンスだ。

大学には行きましたか?
龍仁大学校に通って4年になる。専攻は柔道。柔道はMMAにとても役に立つんだ。

ファイターになる前の仕事は?
柔道選手。

アマチュア競争の成果?
オレは柔道の試合でたくさんの賞を取り、アマチュアMMA、キャッチレスリング、韓国の柔術ではいくつかのトーナメントで優勝している。

得意なグラップリングテクニックは?
トライアングルチョーク。

得意な打撃テクニックは?
ストレートパンチ。
●世界レベルの柔道家
●UFC2人目の韓国人ファイター(1人目はジョー・サン)で、試合で勝ったのは彼が初
●過去17勝で9勝はノックアウト勝ち
●アグレッシブでパワフル
●過去7戦で6勝
●ノックアウト勝ち9回、サブミッション勝ち2回(アームトライアングル、RNC)

これまでのキャリア

この他の選手