ヴェットーリとアフメドフの一戦はマジョリティドロー

UFC PPV コメント 試合結果
UFC 219:マービン・ヴェットーリ vs. オマリ・アフメドフ【アメリカ・ネバダ州ラスベガス/2017年12月30日(Photo by Jeff Bottari/Zuffa LLC/Zuffa LLC via Getty Images)】
UFC 219:マービン・ヴェットーリ vs. オマリ・アフメドフ【アメリカ・ネバダ州ラスベガス/2017年12月30日(Photo by Jeff Bottari/Zuffa LLC/Zuffa LLC via Getty Images)】
日本時間12月31日(日)、アメリカ・ネバダ州ラスベガスのT-Mobileアリーナを舞台にUFC 219が開催され、ミドル級のマービン・ヴェットーリとオマリ・アフメドフが対戦した。

開始直後、右のローキックを入れていったアフメドフはヴェットーリのプレッシャーを受けながらもボディキックを入れて有効打を稼ぐ。膝蹴りを当てたヴェットーリは相手のパンチをアゴに食らった後、さらに強打を浴びてしまったが、距離を取りながら要所で打撃をヒットさせた。

右の強打をクリーンヒットさせたアフメドフはさらに距離を詰めてコンビネーションを見舞う。ヴェットーリがアフメドフの左腕を取って三角絞めを仕掛けたが、決めきれずに逃してしまった。スタンディングに戻った後、お互いに挑発し合うシーンもあったが、決めどころなく5分間が終了。

第3ラウンドはヴェットーリのローキックに始まり、力を込めて放った連打をヒットさせた後、ケージ際に押し込んだアフメドフに膝蹴りも見舞った。それでも、笑みを見せて余裕の表情を浮かべたアフメドフは前に出る姿勢を変えず、ヴェットーリに強烈なパンチを当てていく。ただ、ヴェットーリの左ハイキックを顔面に食らい、ダメージを受けたアフメドフはテイクダウンを取られ、パウンドを浴びてしまった。

判定の結果、マジョリティドローとなり、勝敗はつかなかった。

ミドル級マッチ 5分3ラウンド
△マービン・ヴェットーリ vs. オマリ・アフメドフ△
判定1-0(29-28、28-28、28-28)

マービン・ヴェットーリ


「ジャッジにはまったく同意できない。勝利を得られるに十分なことはやったし、だからほら、相手はぶっ潰れただろ。試合を見ていた人ならきっとどこで相手がぶっ潰れたのか分かると思う。最初の2ラウンドは接戦だったけど、第3ラウンドは俺が支配した。絶対に自分が勝ったと思っているけど、結局、ジャッジに勝負を委ねてはいけないってことだ。次はもっとうまくなって戻ってくる。みんなが試合を楽しんでくれていることを願うよ」

オマリ・アフメドフ

(コメントなし)

Facebook Twitter LINE

NEXT MATCH次の試合

オクタゴンガール
オフィシャルショップ
FANTASY