マヌワとの死闘を制したブラホビッチ

UFCファイトナイト コメント 試合結果
UFCファイトナイト・ロンドン:ジミ・マヌワ vs. ヤン・ブラホビッチ【イギリス・ロンドン/2018年3月17日(Photo by Brandon Magnus/Zuffa LLC/Zuffa LLC via Getty Images)】
UFCファイトナイト・ロンドン:ジミ・マヌワ vs. ヤン・ブラホビッチ【イギリス・ロンドン/2018年3月17日(Photo by Brandon Magnus/Zuffa LLC/Zuffa LLC via Getty Images)】
日本時間3月18日(日)、イギリス・ロンドンのO2アリーナでUFCファイトナイト・ロンドンが開催され、セミメインイベントでライトヘビー級ランキング4位のジミ・マヌワと同11位のヤン・ブラホビッチが対戦した。

序盤からアグレッシブに攻めるマヌワはパワフルな打撃でブラホビッチを追い込んでいく。しかしながら、第1ラウンド中盤にブラホビッチがジャブ、アッパーカット、フックなどコンビネーション技でマヌワをダウンさせ、さらにストレートの一撃を顔面に食らわせるも、マヌワは脅威の忍耐力を見せてラウンド終盤には反撃に打って出た。

相当のダメージを負っているにもかかわらず、次のラウンドに持ち込んだマヌワは前に出る姿勢を崩さず、果敢にブラホビッチにプレッシャーをかける。ブラホビッチも要所で有効打を重ね、ケージ際の攻防でマヌワの背後から首を取りに行ったが、マヌワがうまく逃げて回避。スピードを乗せたオーバーハンドや強力なローキックを見舞うマヌワは第2ラウンド残り30秒を切ってヘッドキックをヒットさせる。ブラホビッチは組み付いてラウンドを乗り越えた。

両者ともダメージと疲れが顕著ながら、フィニッシュを狙って前進し続けた第3ラウンドも終始、攻防戦が続いたが、残り30秒を切ってブラホビッチがマヌワをテイクダウン。マウントポジションを取って試合終了を迎えた。

判定の結果、3名のジャッジはいずれもブラボビッチの勝利を支持している。

ライトヘビー級マッチ 5分3ラウンド
●ジミ・マヌワ vs. ヤン・ブラホビッチ○
判定3-0(28-29、28-29、27-30)

ヤン・ブラホビッチ


「彼はモンスターだった。トレーニングでは試合よりももっとうまくやれていたのに、ジミがとにかくタフで、ものすごく危険な相手だった。今日は自分の試合ができた。彼のじゃない。それがこの試合と前戦との違いになったと思っている。これで確実にトップ10入りだ。でも、ランキングが戦うわけじゃない。人が戦うんだ。オクタゴンに上がり、ドアが閉じられればランキングなんて関係なくなる。戦いがすべてだ。自分の対戦相手を選ぶのは好きじゃない。UFCが次の相手を選んでくれる。家族、友達、そしてイギリスまで見に来てくれたポーランドのすべてのファンに感謝したい。悪い時も良い時も、みんなの支えが本当に大きい。本当にありがとう」
Facebook Twitter LINE

NEXT MATCH次の試合

オクタゴンガール
オフィシャルショップ
FANTASY