コバルケビッチ、ヘリッグに辛くも判定勝ち

UFC PPV コメント 試合結果
UFC 223:カロリーナ・コバルケビッチ vs. フェリス・ヘリッグ【アメリカ・ニューヨーク州ブルックリン/2018年4月7日(Photo by Jeff Bottari/Zuffa LLC/Zuffa LLC via Getty Images)】
UFC 223:カロリーナ・コバルケビッチ vs. フェリス・ヘリッグ【アメリカ・ニューヨーク州ブルックリン/2018年4月7日(Photo by Jeff Bottari/Zuffa LLC/Zuffa LLC via Getty Images)】
日本時間4月8日(日)、アメリカ・ニューヨーク州ブルックリンのバークレイズ・センターにてUFC 223が開催され、カロリーナ・コバルケビッチ対フェリス・ヘリッグの女子ストロー級マッチが行われた。

ランキング4位につけるコバルケビッチに対し、積極的に打ち込んでいった同8位のヘリッグはコバルケビッチに組み付いてテイクダウンを仕掛けていくが、コバルケビッチも反撃しようと応戦。膝蹴りの応酬を経てなお、組み付いた状態の接近戦が展開された。ヘリッグがマウントポジションを取って仕掛けにいくも、コバルケビッチが足を使って体勢を入れ替える。ただ、ヘリッグもうまく返して技をかけさせなかった。

打ち合いが続いた第2ラウンドはコバルケビッチが接近した位置からエルボーを食らわせれば、ヘリッグも速さのあるパンチを放つ。ヘリッグにクリンチされた状態でも打ち込み続いたコバルケビッチは相手をケージ際に押し込み、2度に渡ってマットに押し付けるも、ヘリッグが逃げてすぐにスタンディングに戻った。

ペースを上げたいヘリッグの一方で、最後のラウンドは少し距離を取った位置から攻撃を組み立てたコバルケビッチ。それでも、距離を詰めるとエルボーを食らわせ、クリンチから膝蹴りを入れて削っていったコバルケビッチはヘリッグの打撃を浴びつつも、プレッシャーをかけ続けた。終盤はヘリッグがコバルケビッチをケージに押し込み、ラスト10秒は打撃の応酬で試合を締めくくっている。

判定は割れたものの、コバルケビッチがスプリット判定で勝利を手に入れた。

女子ストロー級マッチ 5分3ラウンド
○カロリーナ・コバルケビッチ vs. フェリス・ヘリッグ●
判定2-1(29-28、29-28、28-29)

カロリーナ・コバルケビッチ


「試合は予想通りに進んだし、勝利はすごくうれしいけれど、何でジャッジがスプリット判定を下したのか理解できない。私が3ラウンドとも勝っていたのは明らかだったのに。今は休みを取って家族と時間を過ごしたいと思っているけど、この後、ローズとヨアンナの試合をじっくり見るつもり。私の目標はもう一度、タイトルマッチに挑むことよ」
Facebook Twitter LINE

NEXT MATCH次の試合

オクタゴンガール
オフィシャルショップ
FANTASY