ボフニャクとの死闘を制したマゴメドシャリポフ

UFC PPV コメント 試合結果
UFC 223:ザビット・マゴメドシャリポフ vs. カイル・ボフニャク【アメリカ・ニューヨーク州ブルックリン/2018年4月7日(Photo by Jeff Bottari/Zuffa LLC/Zuffa LLC via Getty Images)】
UFC 223:ザビット・マゴメドシャリポフ vs. カイル・ボフニャク【アメリカ・ニューヨーク州ブルックリン/2018年4月7日(Photo by Jeff Bottari/Zuffa LLC/Zuffa LLC via Getty Images)】
日本時間4月8日(日)、アメリカ・ニューヨーク州ブルックリンのバークレイズ・センターにてUFC 223が開催され、フェザー級のザビット・マゴメドシャリポフとカイル・ボフニャクが対戦した。

長身のボフニャクに対して積極的に距離を詰めていくマゴメドシャリポフは体勢を低く取って急襲を狙う。マゴメドシャリポフは長いリーチを生かした攻撃で組み立てるが、ボフニャクはコンビネーション技を決めると相手の回し蹴りを華麗に避けてみせた。マゴメドシャリポフは足技を中心に、ボフニャクは速さのあるパンチと、打ち合いが繰り広げられる。

しかし、第2ラウンドに入るとマゴメドシャリポフが勢いを増し、ボフニャクの背後を取ると身体を持ち上げてテイクダウン。マウントポジションからの展開を狙ったが、ボフニャクが逃げ切っている。スタンディングに戻ると“打撃は効かない”と言わんばかりの挑発を見せたボフニャク。要所で打撃を食らっているが、余裕の表情だ。マゴメドシャリポフに足をかけられて倒されても、巧みに切り替えして難を逃れたボフニャクは、頭部から流血しながらも前に出る姿勢を崩さなかった。

最終ラウンド開始前に一触即発の雰囲気を醸した両者は開始の合図と同時に相手に襲いかかる。マゴメドシャリポフは体を低くしてタックルを決め、ボフニャクをケージに押しやった後、テイクダウンに持ち込んだが、タフさとしぶとさを見せるボフニャクが逃げ出した直後に反撃に出る。関節技を狙う場面も見られたものの、残り1分を切ってからはマゴメドシャリポフが時計を気にしながら、最後の力を振り絞ってさまざまな打撃を繰り出し、激しい打ち合いの末に試合終了を迎えた。ホーンを聞いた2人は互いの健闘をたたえて抱き合った。

結果はユナニマス判定でマゴメドシャリポフに軍配が上がっている。

フェザー級マッチ 5分3ラウンド
○ザビット・マゴメドシャリポフ vs. カイル・ボフニャク●
判定3-0(29-28、30-27、30-27)

ザビット・マゴメドシャリポフ


「最初から言っていただろ。相手がかなりタフだし、きつい試合になるって。今回の試合を受けてくれたヤツに感謝したい。5人も断られたんだ。俺が知りたいのは次の相手が誰かってこと。俺はヤイール・ロドリゲスとやりたい。モスクワでやりたいね」
Facebook Twitter LINE

NEXT MATCH次の試合

チケット
オクタゴンガール
オフィシャルショップ
FANTASY