キャノニアをKO、「一番いいシナリオ」だったとレイエス

UFCファイトナイト コメント 試合結果
UFCファイトナイト・チリ:ジャレッド・キャノニア vs. ドミニク・レイエス【チリ・サンティアゴ/2018年5月19日(Photo by Buda Mendes/Zuffa LLC/Zuffa LLC)】
UFCファイトナイト・チリ:ジャレッド・キャノニア vs. ドミニク・レイエス【チリ・サンティアゴ/2018年5月19日(Photo by Buda Mendes/Zuffa LLC/Zuffa LLC)】
日本時間5月20日(日)、チリ・サンティアゴのモビスター・アリーナにてUFCファイトナイト・チリが開催され、ジャレッド・キャノニアとドミニク・レイエスによるライトヘビー級マッチが行われた。

身長差のある2人だが、長身のレイエスに対してキャノニアが距離を詰めていき、鋭い打撃で有効打を重ねる。しかし、キャノニアのパンチを避けながら放たれたレイエスの左のアッパーカットがクリーンヒットすると一気にキャノニアのペースが落ち、後退するキャノニアに鋭い蹴りを食らわせ、最後はもう一度、左アッパーカットでトドメを打った。キャノニアは立ち上がろうとしていたものの、ダメージは明らかであり、レイエスも追い打ちはかけず、レフェリーストップで勝負が決した。

ライトヘビー級マッチ 5分3ラウンド
●ジャレッド・キャノニア vs. ドミニク・レイエス○
1ラウンド(2分55秒)TKO

ドミニク・レイエス


「無敗記録を更新できたなんてすごい。自分の気持ちをちゃんと説明できる言葉はないよ。このために人生をかけてやってきたし、UFCで3連勝、通算では9勝0敗、1ラウンドフィニッシュが3回、ひたすらがんばってきたからね。心から誇りに思うし、名誉だと思っている。プランはいつも、すぐに相手をノックアウトすること。第1ラウンドでできればいいけど、実際にそれができて、何もかもが夢見ていた通りに達成できたし、これまでのハードワークや犠牲にしてきたものすべてが報われる。想像通りにできたし、一番いいシナリオの1ラウンドノックアウトだなんて、夢がかなった気分だ」
Facebook Twitter LINE

チケット
オクタゴンガール
オフィシャルショップ
FANTASY