UFCファイトナイト・フェニックス:スターリングがリベラに判定勝ち

UFCファイトナイト コメント 試合結果
UFCファイトナイト・フェニックス:ジミー・リベラ vs. アルジャメイン・スターリング【アメリカ・アリゾナ州フェニックス/2019年2月17日(Photo by Josh Hedges/Zuffa LLC/Zuffa LLC via Getty Images)】
UFCファイトナイト・フェニックス:ジミー・リベラ vs. アルジャメイン・スターリング【アメリカ・アリゾナ州フェニックス/2019年2月17日(Photo by Josh Hedges/Zuffa LLC/Zuffa LLC via Getty Images)】
日本時間2月18日(月)、アメリカ・アリゾナ州フェニックスのトーキング・スティック・リゾート・アリーナを舞台にUFCファイトナイト・フェニックスが開催され、プレリムのトリを飾ったジミー・リベラ対アルジャメイン・スターリングのバンタム級マッチはスターリングが判定勝ちを収めた。

なお、アーリープレリムで予定されいていたジェシカ・ペネ対ジョディ・エスキベルの女子ストロー級マッチはベネの負傷により、カードから除外されている。

【プレリム】
バンタム級マッチ 5分3ラウンド
●ジミー・リベラ vs. アルジャメイン・スターリング○
判定3-0(27-30、27-30、27-30)


アルジャメイン・スターリング

「グラップリングに関して、ほとんどの人はあのペースについていけない。ハイレベルのグラップリングや打撃は対応が難しいし、俺のようにその合間にトランジッションしてくればもっと難しい。出だしにグラップリングをプッシュして相手のペースを落として疲れさせることができたから、そこからはスナイパーのごとく、自分のショットをさらに正確に打っていけた。最初は誰だって危険さ。誰でもノックアウトするパワーを持っているからね。だから、ちょっとしたグラップリング愛でそれを奪う必要がある。そうすればいいことが待っている。俺が本気で戦いたいと思っている相手は今、試合に出られない。このスポーツのレジェンドで、彼と戦えれば光栄だ。もう2回も彼の名前を挙げているけど、ケガをしているから、今はやめておくよ。この階級でベストと言われる人と戦うためにいる。稼ぎたくてここにいる。人生を変えるためにここにいる。だから俺はこのスポーツをやっているんだ。世界チャンピオンになるためにやっている」


バンタム級マッチ 5分3ラウンド
●ベニート・ロペス vs. マニー・バミューデス○
1ラウンド(3分09秒)サブミッション(ダースチョーク)


マニー・バミューデス

「俺のグラップリングはノックアウトのパンチや破壊的なキックと同じくらいに機能するのさ。適切なタイミングで適切な場所にアジャストすればいつだってうまくいく。みんなが俺のことを過小評価していて、柔術でいけば俺の対策はばっちりだろうとか思っているみたいだけど、そうじゃない。次はショーン・オマリーと戦いたい。有名なファイターだし、俺と同じくらい有望なヤツだ。向こうはかなり有名だけど、俺たちのスタイルは合っていると思うし、こっちが向こうを打ちのめすにはいいと思う。2人の無敗ファイターが対決するなんて最高の試合になる。やらない手はないだろ。2人ともハングリーだし、それを望んでいる。食うか食われるかだ。お互いに自分のスキルを示すために必死にがんばるし、ベテランよりもエネルギッシュなヤツらの方がいいだろ。次はオマリー、その後は考える」


女子フライ級マッチ 5分3ラウンド
●アシュリー・エバンス・スミス vs. アンドレア・リー○
判定3-0(27-30、27-30、27-30)


アンドレア・リー

「今日のパフォーマンスには本当に満足している。どんなパフォーマンスでも、常に何かしら間違いがあったり、いつもならもっとうまくやれるのにと思ったりすることがある。でも今日のパフォーマンスに関しては満足感があるし、本当に興奮しているわ。ゲームプランに沿っていけたし、スタンディングをキープしてほとんどの時間はケージから離れて戦えた。最高の気分よ」


ライト級マッチ 5分3ラウンド
●スコット・ホルツマン vs. ニック・レンツ○
判定3-0(28-29、28-29、28-29)


ニック・レンツ

(予防検査のため病院に搬送されておりコメントなし)

【アーリープレリム】

バンタム級マッチ 5分3ラウンド
●ヘナン・バラオン vs. ルーク・サンダース○
2ラウンド(1分01秒)TKO


ルーク・サンダース

「滅多にないチャンスだ。相手はレジェンドだからね。レジェンドと試合ができるなんて、一時はパウンド・フォー・パウンドのキングだったこともあるし、一生に一度あるかないかだ。準備はばっちりだったし、望んでいた結果を残せた。ここに来るまでの長い道のりを必死にがんばってきて本当に良かったと思うし、うれしい。今回のキャンプは本当に大変で、ここにたどり着けないんじゃないかと思うことが何度もあった。最初のラウンドはもう少しプレッシャーをかけるつもりだったけど、相手はまだ元気だったし、ケリの強い相手だったから、結構ハードだった。自分の拳が相手に当たって、イライラさせられたと思うけど、アジャストするのに少し時間がかかった。どこを攻めればいいか分かった後は試合に向けて立てていたゲームプランでいけた。形勢を逆転できたし、やるべきことはやって勝ったから、ボーナスを取れるといいな」


女子ストロー級マッチ 5分3ラウンド
●アレクサンドラ・アルブ vs. エミリー・ウィットマイア○
1ラウンド(1分01秒)サブミッション(リアネイキドチョーク)


エミリー・ウィットマイア

「最高の気分。できるだけ早く決めたかったから。今回の試合はかなり緊張していた。最後のスパーリングセッションで足を痛めてしまったから、集中力を保って試合に臨み、しっかりとパフォーマンスできたことが大きい。ここまで10週間、本当に必死にトレーニングしてきたし、誰にも止めさせるつもりはなかったけれどね。レスリングとグラップリングはもっとやれると思っていた。グラウンドのバトルは負けたけど、私がどれだけグラウンドでやれるのか、まだみんなは分かっていないと思う。彼女にああいう穴があることは分かっていたし、そこを利用できるとも思っていた。彼女の前回の試合でそれがかなり目立っていたし、確か彼女はその試合も落としていると思ったから、しっかり試合に挑んで退けられると思っていた」
Facebook Twitter LINE

オクタゴンガール
オフィシャルショップ
FANTASY