力を出し切ったフィゲイレードがUFC初戦白星

UFC PPV 試合レポート
UFC 212:マルコ・ベルトラン vs. デイブソン・フィゲイレード【ブラジル・リオデジャネイロ/2017年6月3日(Photo by Jeff Bottari/Zuffa LLC/Zuffa LLC via Getty Images)】
UFC 212:マルコ・ベルトラン vs. デイブソン・フィゲイレード【ブラジル・リオデジャネイロ/2017年6月3日(Photo by Jeff Bottari/Zuffa LLC/Zuffa LLC via Getty Images)】
日本時間6月4日(日)、ブラジル・リオデジャネイロでUFC 212が開催され、オープニングマッチとしてフライ級のマルコ・ベルトランとデイブソン・フィゲイレードが対決した。

メキシコのベルトランは前戦で寝業師ジョー・ソトのヒールフックに屈してオクタゴン初黒星を喫したが、これまでUFCでは3勝1敗の好成績を挙げている。今回は数日前に母親を亡くす試練の中での戦いとなった。対する地元ブラジルのフィゲイレードは11戦全勝、10試合をフィニッシュというニアパーフェクトレコードを引っさげてUFC初戦に挑んでいる。

第1ラウンド、リーチに勝るベルトランはリラックスした構えから牽制の蹴りを放っていく。一方、フィゲイレードはスイッチして強烈な左ミドルをたたき込むと、そのまま飛び込んでタックルに。それを止めたベルトランだが、フィゲイレードはボディロックから大内で足を刈ってテイクダウンに成功した。ベルトランを金網に押し付けてパウンドを落としながら、足を一本超えてハーフにポジションを進めたフィゲイレードは上からギロチンへ。そのまま下になり、ガードを取りながら締め上げたものの、ベルトランは首を抜く。上を取ったベルトランがパウンドで反撃するも、フィゲイレードも足で距離を取ってスタンドに戻してみせた。

第2ラウンドは強烈な左右のミドルを放つベルトランが飛び膝をも放っていくが、それをかわして足を取ったフィゲイレードがテイクダウンに持ち込む。すぐにマウントを取ったフィゲイレードに対して、ベルトランも下からエビの動きでポジションを戻した。いったん立ち上がたフィゲイレードは強烈なパウンドを落としてからバックにつき、チョークの体勢に! ベルトランがアゴを引いて身体をずらして守ると、フィゲイレードが再びマウントを取りにいき、さらに立ち上がってパウンドを放った後、後ろに倒れ込んでヒールフックへ。形に入ったように見えたものの、ベルトランが懸命に両腕でフィゲイレードの腕を抑えてディフェンスに徹したところ、フィゲイレードは無理をせずにベルトランを立ち上がらせた。スタンドに戻ると、フィゲイレードはジャブの要領で強烈な左ヒジを入れ、さらに飛び込んで右アッパー。ふらついて後ろに倒れ込んだベルトランに鉄槌で追撃を浴びせているところにラウンド終了のベルが鳴った。

ラウンドインターバル中に、すでに決着が付いたと判断したレフェリーが試合終了を宣告。2ラウンド終了時にフィゲイレードのTKO勝利となった。

テイクダウン、ポジション、サブミッションから打撃と全局面で強さを発揮してUFC初勝利を挙げたフィゲイレードは「やあブラジル! 僕はこうやってフィニッシュするんだよ。向こうはタフだったけど、僕の拳を感じたはずさ。これが僕の戦い方だ! チームのみんなもありがとう!」と胸を張った。
Facebook Twitter LINE

オクタゴンガール
オフィシャルショップ
FANTASY