【注目株】UFC 243:ブラッド・リデル

UFC PPV
UFCファイトナイト・ウルグアイ:オクタゴン【ウルグアイ・モンテビデオ/2019年8月10日(Photo by Alexandre Schneider /Zuffa LLC/Zuffa LLC)】
UFCファイトナイト・ウルグアイ:オクタゴン【ウルグアイ・モンテビデオ/2019年8月10日(Photo by Alexandre Schneider /Zuffa LLC/Zuffa LLC)】
ここ数年、シティ・キックボクシングはUFCに多くのスターを送り込むブレークアウトキャンプとなっている。UFC 243でメインカードを飾るイズラエル・アデサニヤやダニエル・フッカーもここの出身だ。今週末はもう1人、ブラッド・リデルがこのユージーン・ベアマン率いるチームからUFCデビューする。リデルの初戦の相手はオーストラリア出身のジェイミー・ムラーキーだ。

28歳のリデルはここまで6勝1敗、唯一の黒星を挟んで3勝ずつを挙げている。現UFCウェルター級のソン・ケナンにTKO勝利しているほか、今年に入ってからは4月、5月、そして最新の7月と連勝中で、その流れでオクタゴンデビューが決まった。

優れたチームでトレーニングすることがいかに大きなアドバンテージになるかは語り尽くされたことであり、これは特にビッグステージで初めて戦うファイターによく当てはまる。リデルにとってオクタゴン挑戦は初めてかもしれないが、彼のコーチやチームメイトたちは何度もそこに立っており、彼もUFCでコーナーに入ったことがあるため、きらびやかさに気おされることもなく、準備もばっちりに違いない。何しろすぐ隣ではアデサニヤとフッカーがトレーニングしているのだから。

相手のムラーキーはなかなかタフな相手だ。地域の中ではトップクラスのライト級であり、これまでの戦績は12勝2敗。リデルと同様フィニッシャーとしての力を証明しており、エキサイティングな戦いでイベント序盤から観客の熱狂に火を付けてくれるだろう。壮大なショーとなるメルボルンの舞台を2人が整えてくれるに違いない。
Facebook Twitter LINE

オクタゴンガール
オフィシャルショップ
FANTASY