グレンがタッカーを圧倒、フィニッシュならずも判定勝ち

UFC PPV コメント 試合結果
UFC 215:ギャビン・タッカー vs. リック・グレン【カナダ・エドモントン/2017年9月9日(Photo by Jeff Bottari/Zuffa LLC/Zuffa LLC via Getty Images)】
UFC 215:ギャビン・タッカー vs. リック・グレン【カナダ・エドモントン/2017年9月9日(Photo by Jeff Bottari/Zuffa LLC/Zuffa LLC via Getty Images)】
日本時間9月10日(日)、カナダ・アルバータ州エドモントンにあるロジャーズ・プレイスにてUFC 215が開催され、ギャビン・タッカー対リック・グレンのフェザー級マッチが行われた。

序盤から手数の多い展開となり、相手との距離を詰めながらジャブを打ち合う。第1ラウンド終了間際にグレンがタッカーに力強い左パンチを浴びせてダウンさせたが、タッカーが盛り返してラウンド終了。




タッカーが何とか攻め込もうと戦略を立てて挑んだ第2ラウンドも終始、グレンが優位を保って攻め続けたが、フィニッシュには至らず。最後の5分間が始まってもグレンの勢いは続き、タッカーをテイクダウンしてからは身体を押し付けながらパウンドを放っていった。タッカーは抵抗できずに防戦一方となり、パウンドを打ち込み続けるグレンがストップを求めてレフェリーに目配せしたシーンもあったものの、結局、フルラウンドの末に勝敗はジャッジの手に委ねられている。

3名のジャッジはいずれもグレンの勝利を支持し、ユナニマス判定で白星を獲得した。

フェザー級マッチ 5分3ラウンド
●ギャビン・タッカー vs. リック・グレン○
判定3-0(24-30、25-30、27-29)

リック・グレン


「勝ててうれしいし、自分でも良いパフォーマンスだったんじゃないかと思っている。途中で止めてくれてもよかったんだけどね。タッカーは信じられないくらいにタフで、まだ続けられる感じはあったけど、有効打は打てなくなっていた。今はボーナスが欲しいぜ! 俺はサクラメントに拠点を移したけど、これは前々から希望していたことだし、ユライア(フェイバー)をはじめチーム・アルファ・メールのみんなと練習できてうれしい。この試合ではたくさんの人が俺をサポートしてくれたから、こういう形で自分のスキルを見せつけることができて最高の気分さ」
Facebook Twitter LINE

NEXT MATCH次の試合

チケット
オクタゴンガール
オフィシャルショップ
FANTASY