シェフチェンコが善戦もヌネスが防衛成功

UFC PPV コメント 試合結果
UFC 215:アマンダ・ヌネス vs. ワレンチナ・シェフチェンコ【カナダ・エドモントン/2017年9月9日(Photo by Jeff Bottari/Zuffa LLC/Zuffa LLC via Getty Images)】
UFC 215:アマンダ・ヌネス vs. ワレンチナ・シェフチェンコ【カナダ・エドモントン/2017年9月9日(Photo by Jeff Bottari/Zuffa LLC/Zuffa LLC via Getty Images)】
日本時間9月10日(日)、カナダ・アルバータ州エドモントンにあるロジャーズ・プレイスにてUFC 215が開催され、メインイベントで女子バンタム級王者アマンダ・ヌネスがワレンチナ・シェフチェンコを迎えて防衛戦に挑んだ。

ローキックを打ち合って幕を開けた決戦は手数の少ない出だしとなり、サウスポーのシェフチェンコが足を狙う一方で女王ヌネスはコンビネーションで組み立てる。どちらもほとんど有効打を奪えずに時間が過ぎ、第1ラウンド終盤にシェフチェンコがヌネスの足を捕らえたところから動きが活発化するも大きな展開はない。

次のラウンドも見合うシーンが長く続き、シェフチェンコがタックルを狙っていくも、ヌネスがすべて退けている。ヌネスは攻撃の糸口をつかめないのか、自らはあまり目立って攻めて行かなかったが、第3ラウンドはハイキックとジャブを要所に入れてシェフチェンコにプレッシャーをかけていった。

観客のブーイングも大きくなり始めた第4ラウンドはローキックの攻防が続き、徐々にヌネスが優位に立ち始めるも、シェフチェンコの膝がヌネスの顔面を捕らえて鼻から出血。シェフチェンコも右目周辺を腫らしながら果敢に王者に打ち込んだが、大きなダメージを奪えるほどの打撃にはつなげられていない。終盤にシェフチェンコが飛び込みながら放った左のカウンターはヌネスがうまく避けて致命傷とはいかなかった。

ハイライトの少ない展開となった試合は最終ラウンドも流れはほとんど変わらず。ヌネスはオクタゴン中央寄りに陣取りながらタイミングを図り、シェフチェンコはステップを踏んでヌネスに近付こうとするも、なかなか距離を縮められない。ようやく動いたヌネスがシェフチェンコをケージに押し込んだが、ここも身体を離してブレイクとなった。その後、シェフチェンコがジャンプしながら狙ったカウンターをかわしたヌネスが背後に回ってアームバーを狙ったものの、いったんスタンディングに戻り、その後、再度、テイクダウンを決めてマウントポジションを取る。しかしながら、フィニッシュに至る攻撃は繰り出せずに勝敗はジャッジに委ねられた。

5分5ラウンドを戦い抜いた結果、スプリット判定によりヌネスが防衛を果たしている。

ただ、手数で勝っていたと主張するシェフチェンコは納得いかない様子で「理解できない!」と訴えた。




女子バンタム級タイトルマッチ 5分5ラウンド
○アマンダ・ヌネス vs. ワレンチナ・シェフチェンコ●
判定2-1(47-48、48-47、48-47)

アマンダ・ヌネス


「きわどい勝利だったとは思わないわ。私にとっては明白な勝利。彼女は数回いいパンチを打ってきたけれど、各ラウンドで優勢だったのは私だし、最終ラウンドで彼女はダウンして、そこで押さえ込んで勝負を決めたわ。キャンプ全体で私は5ラウンドを戦い抜くことに焦点を当ててきた。だからこそ、試合後半を有利にコントロールする準備ができていたんだと思う。この後は地元に戻って、まずハリケーンに直面している自宅やそこで飼っている動物たちの世話をするつもり。その後は1杯のビールで祝杯を上げて、次に何をするか決めるわ」

ワレンチナ・シェフチェンコ

「いつもはジャッジを尊重するけど、今日の判定にはまったく同意できない。第2ラウンド、第3ラウンド、第4ラウンドは私が取っていたし、彼女のテイクダウンは全然効かなかった。またベルトに挑むつもり。だってあれは私のベルトよ!」




Facebook Twitter LINE

NEXT MATCH次の試合

チケット
オクタゴンガール
オフィシャルショップ
FANTASY