モラエスがドットソンに辛勝

UFCファイトナイト コメント 試合結果
UFCファイトナイト・ノーフォーク:ジョン・ドッドソン vs. マルロン・モラエス【アメリカ・バージニア州ノーフォーク/2017年11月11日(Photo by Brandon Magnus/Zuffa LLC/Zuffa LLC via Getty Images)】
UFCファイトナイト・ノーフォーク:ジョン・ドッドソン vs. マルロン・モラエス【アメリカ・バージニア州ノーフォーク/2017年11月11日(Photo by Brandon Magnus/Zuffa LLC/Zuffa LLC via Getty Images)】
日本時間11月12日(日)、アメリカ・バージニア州ノーフォークにあるTEDコンスタント・コンボケーション・センターでUFCファイトナイト・ノーフォークが開催され、ジョン・ドットソンとマルロン・モラエスのバンタム級マッチが行われた。

足技を多用するモラエスに対し、速い動きで攻め込んでいくドットソンはダウンを取ってリズムを作る。ただ、ローキックがドットソンの急所に入ってしまい、一時休止。モラエスはレフェリーから注意を受けた。それでも引かずに打撃を見舞うモラエスだったが、第1ラウンド終盤にはアイポークで再び警告を受けている。

激しい打ち合いで始まった第2ラウンドではモラエスが強烈なパンチを数発打ち込んだ後、ドットソンが2回のテイクダウンを成功させたが、いずれも足をつかまれて返された。ドットソンは要所で蹴りを放ってくるモラエスを攻めきれず、タックルからテイクダウンを奪われてラウンドが終了。

最後の5分間もモラエスが勢いをキープし、ドットソンもカウンターをヒットさせて反撃を試みたが、残り10秒を切ってタックルからギロチンチョークを仕掛けたモラエスに、ドットソンがタップしたようにも見えたが、極まり切る前にホーンが鳴った。

結果はスプリット判定でモラエスに軍配が上がっている。

バンタム級マッチ 5分3ラウンド
●ジョン・ドットソン vs. マルロン・モラエス○
判定2-1(27-30、30-27、27-30)

マルロン・モラエス


「全力で戦い、コーチたちの声に耳を傾けた。必死に戦ったし、コーチたちは俺が勝つって考えていた。だから、勝てたんだと思う。相手のスタイルはちょっと特殊だったけど、別にどうってことはない。他にもっと強く打たれたこともあるし、速いやつもいる。ただ、彼はスタイルが違った。ジミー・リベラとやるのがいいと思う。やるはずだったんだけど、あいつが俺とはやりたくないって。試合しようぜ。相手、いないだろ」
Facebook Twitter LINE

NEXT MATCH次の試合

チケット
オクタゴンガール
オフィシャルショップ
FANTASY