マシューズがベリチコビッチを退け、母国オーストラリアで歓喜の勝ち星

UFCファイトナイト コメント 試合結果
UFCファイトナイト・シドニー:ジェイク・マシューズ vs. ボヤン・ベリチコビッチ【オーストラリア・シドニー/2017年11月19日(Photo by Josh Hedges/Zuffa LLC/Zuffa LLC via Getty Images)】
UFCファイトナイト・シドニー:ジェイク・マシューズ vs. ボヤン・ベリチコビッチ【オーストラリア・シドニー/2017年11月19日(Photo by Josh Hedges/Zuffa LLC/Zuffa LLC via Getty Images)】
日本時間11月19日(日)、オーストラリアのクードス・バンク・アリーナでUFCファイトナイト・シドニーが開催され、ウェルター級のジェイク・マシューズとボヤン・ベリチコビッチが対戦した。

開始早々にタックルを仕掛けたマシューズはベリチコビッチをケージに追い込み、足を取って倒そうとするが、ベリチコビッチも必死に抵抗して耐える。ボディに頭を入れるマシューズに対し、打撃で削っていくベリチコビッチだったが、マシューズの粘り勝ちか、足をかけられてマットに倒れる。ただ、マウントポジションを取ろうとするマシューズにベリチコビッチもかかとで蹴りを入れながら反撃。

マシューズが再びテイクダウンを狙った第2ラウンド序盤、身体を返されてマウントポジションを取られてしまい、そのチャンスにベリチコビッチはギロチンを仕掛けていったが、マシューズがうまく脱した。ベリチコビッチがそのまま背後にまわって馬乗り状態になるも、攻めきれずにスタンディングに戻り、打撃を打ち合っている。

徹底してテイクダウンを取りに行くマシューズの一方で、タックルを受けては返すベリチコビッチは第3ラウンド中盤にマシューズの背後からチョークをかけにいくが、四つん這いになってベリチコビッチの体を浮かせたマシューズが体勢を入れ替えてマウントポジションを奪った。パウンドの連打を浴びせながら関節技を狙っていったものの、すべてベリチコビッチに退けられてしまい、試合終了を告げるホーンを聞いた。

判定の結果、3名のジャッジは判断が分かれたものの、マシューズがスプリット判定で白星を挙げている。

ウェルター級マッチ 5分3ラウンド
○ジェイク・マシューズ vs. ボヤン・ベリチコビッチ●
判定2-1(29-28、29-28、28-29)

ジェイク・マシューズ


「自分にとってはかなり気持ちが入った試合だったんだ。過去2試合のパフォーマンスを考えて、かなり緊張していた。入場前には涙も出たくらい。ここでの試合がどんな意味を持つかは分かっていた。プランがうまくいって思い通りにやれた。相手がウェルター級では大きい選手だったから、テイクダウンが厳しくなるのは分かっていたんだ。テイクダウンした時はちょっと長くポジションを取りすぎて自分自身もかなり疲れてしまった。でも最後まで戦わないといけないことは分かっていたから、動き続けて相手がダウンした時には力を込めたパウンドを打てたと思う。勝利できたことで胸のつかえがかなり下がった。今はジムに戻りたい。成長し続けて、もっとうまくなりたい。次はもっと良くなっているはずだ」

Facebook Twitter LINE

NEXT MATCH次の試合

オクタゴンガール
オフィシャルショップ
FANTASY