グローヴァー
テイシェイラ
22-4-0( W-L-D )

戦績

スキル分析

チャートは全試合の結果に基づいてコンパイルされます。- 12
レコード: 22-4-0
概要: 打撃、柔術

ファイター・インフォ

出身: ソブラリア, ミナス・ゲレイス ブラジル
チーム・本拠地: リオデジャネイロ ブラジル
年齢: 35
身長: 6' 2" ( 187 cm )
体重: 205 lb ( 93 kg )

ストライキング(打撃)

トータル・ストライキング・アテンプト
0
780
成功率 41%
322
成功させたストライキング・テクニック
0
322
スタンド 43%
11%
グラウンド 46%
139
36
147
打撃のディフェンス
58
%
打撃回避率

グラップリング(組み技)

トータル・テイクダウン・アテンプト
0
24
成功率 50%
12
成功させたグラップリング・テクニック
 
 
関節技 {0}%
パス {0}%
スウィープ {0}%
4
18
1
テイクダウン・ディフェンス
60
%
テイクダウン回避率
結果 ファイター イベント ストライキング テイクダウン サブミッション パスガード 内容 リプレイ
UPCOMING
ラシャド エヴァンス
UFC Fight Night: Evans vs. Teixeira
月 日、年
-- -- -- -- --
グローヴァー テイシェイラ -- -- -- --
敗北
グローヴァー テイシェイラ 月 日、年
9 0 0 0 R3 Decision - Unanimous
フィル デイヴィス 49 9 0 4
ジョン ジョーンズ 月 日、年
138 3 2 0 R5 Decision - Unanimous
グローヴァー テイシェイラ 53 0 0 0
勝利
グローヴァー テイシェイラ 月 日、年
14 1 0 0 R1 KO/TKO
ライアン ベイダー 11 0 1 0
勝利
グローヴァー テイシェイラ 月 日、年
12 1 1 2 R1 Submission
ジェイムズ テフナ 8 0 0 0
勝利
ランペイジ ジャクソン 月 日、年
53 0 0 0 R3 Decision - Unanimous
グローヴァー テイシェイラ 80 5 0 5
勝利
グローヴァー テイシェイラ 月 日、年
85 3 1 5 R2 TKO - Doctor's Stoppage
ファビオ マルドナード 10 0 0 0
勝利
カイル キングスブリー 月 日、年
5 0 0 0 R1 Submission
グローヴァー テイシェイラ 15 0 1 1
勝利
グローヴァー テイシェイラ
WEC 24: Full Force
月 日、年
11 0 0 0 R1 KO/TKO
Rameau Sokoudjou 9 0 0 0
勝利
グローヴァー テイシェイラ
WEC 22: The Hitmen
月 日、年
28 1 1 3 R1 Submission
Jack Morrison 0 0 0 0
敗北
Eric Schwartz
WEC 3: All or Nothing
月 日、年
-- -- -- -- R2 KO/TKO
グローヴァー テイシェイラ -- -- -- --

バイオグラフィー


トレーニングを始めたのはいつですか?そのきっかけは? 色々な試合を見た後、2001年に始めた。子供の頃にUFCで戦うホイス・グレイシーを見て、自分もファイターになりたい、と思ったんだ。

ランキングやタイトルは? スポーツファイト王者、アブダビ・コンバット・クラブで多くの勝利を挙げている。

ヒーローは居ますか? チャック・リデルのことは尊敬してきた。すでに王者になっていたチャックと出会ったが、彼は多くのことを教えてくれた。金網の中でも、そして外でも彼にはファイターとしての憧れを感じる。

あなたにとってUFCとは? UFCに参加するということが俺にとっては全てなんだ。

大学には行きましたか?行ったなら専攻は? 行ってない。

ファイターになる前の仕事は? ブラジルの農場で働いていた。木こりをしたこともある。

プロでの実績は? 俺にとってリコ・ロドリゲスとの一戦は何かを達成した一戦と言えるだろう。あの試合に向けてはピーター・アーツと練習をしていたんだが、俺は戦前からハイキックでKOすると言っていたんだ。あの試合が意味することは大きいよ。

格闘技の段位: 柔術黒帯

好きなグラップリングテクニック: チョーク全般

好きな打撃テクニック:
左フック

•    プロデビューは2002年。

•    11のノックアウト勝利、2つのサブミッション勝利を挙げている。

•    キャリア序盤は2勝2敗ながらもその後16連勝を飾る。

•    UFCで活躍したリコ・ロドリゲス、マーヴィン・イーストマン、アントニオ・メンデス、マルシオ・クルーズ、ラモー・ソクジュ、そしてマット・ホーウィッチ達に勝利している。

•    最後の敗戦は2005年のエド・ハーマン戦。

これまでのキャリア

鍵となった対戦相手

カイル キングスブリー
カイル キングスブリー
11-6-0, 1NC
( W-L-D )

この他の選手