UFCファイトナイト・ラスベガス13:サントスからタップを引き出したテイシェイラが快勝

UFCファイトナイト コメント 試合結果
UFCファイトナイト・ラスベガス13:チアゴ・サントス vs. グローバー・テイシェイラ【アメリカ・ネバダ州ラスベガス/2020年11月7日(Photo by Jeff Bottari/Zuffa LLC)】
UFCファイトナイト・ラスベガス13:チアゴ・サントス vs. グローバー・テイシェイラ【アメリカ・ネバダ州ラスベガス/2020年11月7日(Photo by Jeff Bottari/Zuffa LLC)】
日本時間11月8日(日)、アメリカ・ネバダ州ラスベガスのUFC APEXを舞台にUFCファイトナイト・ラスベガス13が開催され、メインイベントでチアゴ・サントスとグローバー・テイシェイラのヘビー級マッチが行われた。

試合開始直後にサントスが積極的に攻撃を仕掛け、リズムを作ろうとしたが、冷静に対応したテイシェイラがテイクダウンを狙うなど落ち着いた試合運びで徐々にペースをつかむ。第2ラウンド終盤にはテイシェイラがリアネイキドチョークを決め、サントスをフィニッシュするまであと一歩に迫るも5分終了を告げるホーンが鳴り響き、勝負は次のラウンドに持ち越した。

なんとか状況を好転させたいサントスだったが、テイシェイラの優位は変わらず、再び背中を取られると今度はリアネイキドチョークがきっちりとはまってタップアウト、テイシェイラの一本勝ちで勝負が決した。

【メインイベント】
ライトヘビー級マッチ 5分5ラウンド
●チアゴ・サントス vs. グローバー・テイシェイラ○
3ラウンド(1分49秒)サブミッション(リアネイキドチョーク)


グローバー・テイシェイラ

「常にハードワークと鍛錬だ。チャンピオンになりたければ、チャンピオンのように生きるべき。たるむべからず。試合に臨んで仕事を果たす。前にも同じような状況はあった。トレーニングでもそういう状況はあった。こういうものなんだよ。何発か食らったが、リカバーできたし、すべては冷静でいることと状況を見極めること。第2ラウンドの終盤、向こうが疲れてきているのが分かった。決まったと思ったんだけどね。がっくりきた。首元にしっかり入っていたとはいえ、(残り)10秒のカウントが聞こえたからがっかりした。でも、向こうが疲れていることは分かった。最高の気分だよ。本当にうれしい。俺には素晴らしいチームがついていてくれる。最高の人たちに囲まれて、最高の家族もいる。最高だね。今は家に帰って、XLサイズのピザを食いたい。試合のことはまた後で話す。これで俺はタイトル挑戦者だと思っている。どうなるかはそのうち分かるだろう」
Facebook Twitter LINE

オクタゴンガール
オフィシャルショップ
FANTASY