テイシェイラが1ラウンドでサークノフを撃破

UFCファイトナイト コメント 試合結果
UFCファイトナイト・ウィニペグ:グローバー・テイシェイラ vs. ミシャ・サークノフ【カナダ・ウィニペグ/2017年12月16日(Photo by Josh Hedges/Zuffa LLC/Zuffa LLC via Getty Images)】
UFCファイトナイト・ウィニペグ:グローバー・テイシェイラ vs. ミシャ・サークノフ【カナダ・ウィニペグ/2017年12月16日(Photo by Josh Hedges/Zuffa LLC/Zuffa LLC via Getty Images)】
日本時間12月17日(日)、カナダ・マニトバ州ウィニペグのベルMTSプレイスにてUFCファイトナイト・ウィニペグが開催され、メインカードの初戦でグローバー・テイシェイラ対ミシャ・サークノフのライトヘビー級マッチが行われた。

開始の合図と同時に前に出たサークノフは低い位置や高い位置など足技で攻撃のリズムを作る。相手の出方を見ていたテイシェイラは連打を食らってケージに追い込まれるも、組み付いてテイクダウンを成功させ、馬乗り状態から体を引き寄せてチョークを仕掛けた。いったん逃げられかけたところを捕まえたテイシェイラはうつ伏せの相手に乗ってパウンドを見舞い、サークノフが防戦一方となったのを確認したレフェリーが止めに入って試合終了となった。

ライトヘビー級マッチ 5分3ラウンド
○グローバー・テイシェイラ vs. ミシャ・サークノフ●
1ラウンド(2分45秒)TKO

グローバー・テイシェイラ


「相手のパンチをもらって、それほどパワーがないと感じた。ちょっといい一発を食らってしまったけど、深刻なものじゃない。みんな、俺の柔術とレスリングを甘く見ているんじゃないか。確かにノックアウトパワーは持っているけど、本当のパッションはグラップリングなんだ。だから、相手をテイクダウンすればマウントポジションを取れるし、そこから攻めていけた。次は(ダニエル)コーミエとやりたい。次の試合(コーミエ対ヴォルカン・オーズデミア)でどっちが勝とうと、次にチャンスをもらうのは俺だ。グスタフソンが負傷していなければ彼が次だったんだろうけど、俺が控えているし、コーミエ対ヴォルカン・オーズデミア戦の勝者と戦う覚悟はできている」
Facebook Twitter LINE

オクタゴンガール
オフィシャルショップ
FANTASY