UFCファイトナイト・サンパウロ:チアゴ・サントスがアンダースにTKO勝利

UFCファイトナイト コメント 試合結果
UFCファイトナイト・サンパウロ:チアゴ・サントス vs. エリク・アンダース【ブラジル・サンパウロ/2018年9月22日(Photo by Buda Mendes/Zuffa LLC/Zuffa LLC via Getty Images)】
UFCファイトナイト・サンパウロ:チアゴ・サントス vs. エリク・アンダース【ブラジル・サンパウロ/2018年9月22日(Photo by Buda Mendes/Zuffa LLC/Zuffa LLC via Getty Images)】
日本時間9月23日(日)、ブラジル・サンパウロのイビラプエラ体育館にてUFCファイトナイト・サンパウロが開催され、メインイベントでチアゴ・サントスとエリク・アンダースが対戦した。本来、ミドル級で戦う両者だが今回はライトヘビー級での対決だ。

開始の合図と同時に距離を詰めたアンダースが積極的に攻撃を仕掛け、サントスの足を取ってテイクダウンに持ち込む。すぐにスタンディングに戻ったが、アンダースがサントスに組み付いたまま、ケージ際に押し込んでプレッシャーをかけた。いったん体が離れた後はサントスが力強い打撃を当てていき、アンダースも要所でジャブを放っている。

地元ファンの大声援を後押しにするサントスは第2ラウンドが始まってすぐにローキックをきっかけにコンビネーション技を組み立てたが、アンダースも応戦。テイクダウンに持ち込もうとするアンダースに対し、サントスがマウントポジションを奪う場面もあったが、スタンディングでの打ち合いがファンを沸かせる。どちらも強力な打撃を浴びているにもかかわらず、ダウンを喫することなく打ち合い続け、再びコンビネーションを決めにいったサントスがアンダースを追い込んでいくも、アイポークによる一時休止があり、流れが止まった。

次のラウンドも打撃戦になりかけたが、サントスのあごに強打を食らわせたアンダースがテイクダウンを取って背後にまわる。チョークを狙ったものの、サントスがうまく逃げ出してスタンディングに戻り、アンダースが組み付けばサントスが膝蹴りを見舞うなど一進一退の攻防戦が繰り広げられた。それでも、ラウンド終盤には腰を取るアンダースにサントスが鋭いエルボーを打ち続け、なんとか耐えたアンダースはラウンド終了のホーンを聞いたが、自力で立ち上がることができず、レフェリーが試合終了を宣言。サントスが地元ブラジルで勝利を飾った。

【メインイベント】
ライトヘビー級マッチ 5分5ラウンド
○チアゴ・サントス vs. エリク・アンダース●
3ラウンド(5分00秒)TKO

チアゴ・サントス


「コーチたちとトレーニングパートナーのみんなに感謝したい。1週間前だったのに試合を受けてくれたエリクにもありがとうと伝えたい。勝ちも負けも俺たちの人生の一部だ。一番大事なのはどう行動するか、相手をどれだけリスペクトするかだ。サンパウロは自分にとって本当にスペシャルな街だ。“ジ・アルティメット・ファイター:ブラジル”シーズン2のトライアウトを受けたのがここ。そのおかげでUFCの一員になれた」

Facebook Twitter LINE

チケット
オクタゴンガール
オフィシャルショップ
FANTASY