スターリングがバラオンに完勝

UFC PPV コメント 試合結果
UFC 214:アルジャメイン・スターリング vs. ヘナン・バラオン【アメリカ・カリフォルニア州アナハイム/2017年7月29日(Photo by Josh Hedges/Zuffa LLC/Zuffa LLC via Getty Images)】
UFC 214:アルジャメイン・スターリング vs. ヘナン・バラオン【アメリカ・カリフォルニア州アナハイム/2017年7月29日(Photo by Josh Hedges/Zuffa LLC/Zuffa LLC via Getty Images)】
日本時間7月30日(日)、アメリカ・カリフォルニア州アナハイムにあるホンダ・センターでUFC 214が開催され、アルジャメイン・スターリングとヘナン・バラオンによるバンタム級マッチが行われた。

バラオンの足を捕まえたスターリングだったが、バラオンは不利な体勢からも攻撃の手を緩めず、最終的にマウントポジションを取っている。決め手を欠いたまま第1ラウンドは終了。次の5分間が始まってすぐに、バラオンが右足でスターリングの左膝裏を狙って崩す。テイクダウンを仕掛けたものの、逆にスターリングに背中を取られ、またも劣勢に陥ってしまった。チョークを仕掛けるも、うまくはまらないと判断したスターリングはパウンドに切り替えて削っていく。再びマウントポジションを取ったスターリングからエルボーや膝のコンビネーションで攻められ続けたバラオンは防戦一方で、ラウンド終了間際には連打も浴びたが、何とか生きながらえた。

第3ラウンドはスターリングが左のつま先をバラオンのアゴに命中させ、ややふらついたところを一気に攻め込んでいったが、忍耐強さを見せるバラオンはなかなか倒れない。ケージ際でこう着状態となったところをレフェリーが離してスタンディングに戻るも、スターリングにはバラオンの打撃が見えているようでヒットせず。残り1分を切ってタックルを仕掛けたバラオンが相手を持ち上げてテイクダウンに持ち込んだ。背後に回ってチョークを狙うが時間切れとなり、勝敗は判定に委ねられた。

ジャッジは全員がスターリングの勝利を支持、ユナニマス判定でスターリングに軍配が上がった。

バンタム級マッチ 5分3ラウンド
○アルジャメイン・スターリング vs. ヘナン・バラオン●
判定3-0(29-27、30-26、29-28)

アルジャメイン・スターリング

「精神的なミスを犯してしまい、第1ラウンドでキックのタイミングを誤った。そこを突かれてしまったんだ。相手はブラジリアン柔術の黒帯だし、元世界チャンピオンでその経歴が全てを物語っている。俺は逆境を乗り越え、第2ラウンドと第3ラウンドは圧勝したと思っているし、背中を取った第2ラウンドはいけると思ったんだけどね。打撃は命中していたし、相手の気持ちがしぼんでいるように思えた。コーディ・ガーブラントは俺が過大評価されているとぬかし、ブライアン・キャラウェイは俺から逃げ続けている。2人のどちらかとやりたい」
Facebook Twitter LINE

NEXT MATCH次の試合

チケット
オクタゴンガール
オフィシャルショップ
FANTASY