ジャッジの判定は割れるもジョンソンがミルステッドに勝利

UFC PPV コメント 試合結果
UFC 222:ジョーダン・ジョンソン vs. アダム・ミルステッド【アメリカ・ネバダ州ラスベガス/2018年3月3日(Photo by Brandon Magnus/Zuffa LLC/Zuffa LLC via Getty Images)】
UFC 222:ジョーダン・ジョンソン vs. アダム・ミルステッド【アメリカ・ネバダ州ラスベガス/2018年3月3日(Photo by Brandon Magnus/Zuffa LLC/Zuffa LLC via Getty Images)】
日本時間3月4日(日)、アメリカ・ネバダ州ラスベガスのT-MobileアリーナにてUFC 222が開催され、オープニングマッチでライトヘビー級のジョーダン・ジョンソンとアダム・ミルステッドが対戦した。

フルラウンドにもつれ込んだ試合は打撃戦の場面が多かったものの、最初のラウンドはジョンソンがミルステッドをケージ際に押し込み、ボディショットを打ち込む流れとなった。第2ラウンドもミルステッドの強打を回避しようとするジョンソンが同様の戦略で攻撃を組み立てている。

最終ラウンドにはミルステッドが力強いコンビネーション技で攻め込むも、ジョンソンが盛り返し、終盤にテイクダウンを成功させて試合をコントロール。ミルステッドも有効打を稼いだが、ジョンソン優勢の流れは変わらず、スプリット判定ながらジョンソンが白星を手に入れた。

ライトヘビー級マッチ 5分3ラウンド
○ジョーダン・ジョンソン vs. アダム・ミルステッド●
判定2-1(29-28、27-30、29-28)

ジョーダン・ジョンソン


「自分がやりたかったパフォーマンスではなかったけど、間違いなくスプリット判定じゃなかったと思っている。相手をノックアウトしたいと思って試合に臨んだし、それがゲームプランだったけど、タフな相手だった。こっちはダメージを与えてやったけど、向こうはそうじゃない。試合後のヤツの顔を見れば明らかだ。テイクダウンを成功させたし、相手よりも多くの打撃を放っていけた。それにケージ際だろうとスタンディングだろうとこっちがポジションをコントロールしたんだ。ジャッジの見立てが理解できない。これから家に帰る。父親になったばかりなんだ。火曜日に生まれたから、家に帰って会うのが待ちきれない。それからソーシャルメディアに注目しつつ、次にどうしたいかを知らせるよ」
Facebook Twitter LINE

オクタゴンガール
オフィシャルショップ
FANTASY