【注目株】UFCファイトナイト・オークランド:ジェイク・マシューズ

UFCファイトナイト
UFC 243:ジェイク・マシューズ vs. ロスタム・アクマン【オーストラリア・メルボルン/2019年10月6日(Photo by Jeff Bottari/Zuffa LLC/Zuffa LLC via Getty Images)】
UFC 243:ジェイク・マシューズ vs. ロスタム・アクマン【オーストラリア・メルボルン/2019年10月6日(Photo by Jeff Bottari/Zuffa LLC/Zuffa LLC via Getty Images)】
“ザ・セルティック・キッド”ことジェイク・マシューズはキャリアの多くの部分がオクタゴン内部で形成されたことから、実際よりも年齢がいっていると思われがちなアスリートの一人だ。

ジ・アルティメット・ファイター(TUF)ネイションズのキャストだったマシューズはまだ25歳だが、今週末に組まれたエミル・ミークとの試合はプロ20戦においてオクタゴンですでに14戦目にあたる。常に追い風が吹いていたわけではないものの、このスポーツで最高の舞台で戦いながらも総合格闘家として学び、成長し、改善していける能力によって、マシューズは地方で大量の敵をなぎ倒すことで得られるのとは別の経験を積むことができた。

ライト級に移行してからはリー・ジンリャンに対するユナニマス判定勝利を含め、4勝1敗を記録。前戦では忍耐強く落ち着いた試合運びでロスタム・アクマンを倒し、唯一の敗北から巻き返した。次に対戦するミークはカリスマ的な人気を誇るファイターで、2016年のUFCデビュー戦では圧勝したものの、2018年には2敗しており、そのうちの一つを喫した7月の試合を最後にオクタゴンからは遠ざかっていた。

マシューズは今もパズルのピースをつなぎ合わせている最中で、アスリートとしての頂点には達していない。そんなマシューズだけに、同じように早い段階でUFCでのキャリアを開始してそれぞれの階級のトップに上りつめたロバート・ウィテカーやマックス・ホロウェイと同じような道を歩むことが期待される。
Facebook Twitter LINE

オクタゴンガール
オフィシャルショップ
FANTASY