UFCファイトナイト・ラスベガス27:ロズウェルが一本勝ちで通算39勝目

UFCファイトナイト コメント 試合結果
UFCファイトナイト・ラスベガス27:ベン・ロズウェル vs. クリス・バーネット【アメリカ・ネバダ州ラスベガス/2021年5月22日(Photo by Chris Unger/Zuffa LLC)】
UFCファイトナイト・ラスベガス27:ベン・ロズウェル vs. クリス・バーネット【アメリカ・ネバダ州ラスベガス/2021年5月22日(Photo by Chris Unger/Zuffa LLC)】
日本時間5月23日(日)、アメリカ・ネバダ州ラスベガスのUFC APEXを舞台にUFCファイトナイト・ラスベガス27が開催され、プレリムの最後に行われたベン・ロズウェルとクリス・バーネットのヘビー級マッチは大ベテランのロズウェルが2ラウンドで一本勝ちを収めた。

【プレリム】
ヘビー級マッチ 5分3ラウンド
○ベン・ロズウェル vs. クリス・バーネット●
2ラウンド(2分07秒)サブミッション(


ベン・ロズウェル

「このスポーツに“老犬に新しい芸を教えることはできない”という言葉は当てはまらない。常に新しいことを学ぶ必要がある。今回の試合ですらそうだ。相手の背中に打ち込んで、チョークでフィニッシュできそうだったんだけど、少しアグレッシブにいってしまい、それに向こうのボディタイプも少し違っていた。ただ、フックを決めるべきだったとは思う。必要のない技術的にダメなところもあった。自分の柔術はそれよりはるかに優れている。正直、相手の首を落とせると思っていたんだ。どん欲に行きすぎて一瞬だけマウントを取られた。これが、ミスの許されない相手との試合だったら、絶対に犯せないミスだ。もう一度、この試合を見てみる。もっと動きが必要だ。動きている時、散発的に動きている時だとかなりやばい打撃ができるけど、復帰して以降の最近(復帰してから6試合目)ではなんとなく止まっていてあまり動いていなかった。それを修正するために常に努力している。今回はここ数戦に比べてうまくいったと思うけど、次はもっとうまくやる。自分のアッパーカットを使って、いくつか確実にブロックしていた。相手は打ってきていたけど、自分の方が強く打ち込めるから、一対一の勝負に持ち込むつもりだった。試合を見ればそれが分かるはずだ。自分は見ていないから分からないけど、アッパーカットが数発当たっていたはずだ。それについて話しているのも聞いた。背の低い選手が頭を下げれば、あのアッパーでゲームオーバーさ。俺はフィニッシュを重視している。とても重要なことだ。フィニッシュは俺の得意なこと。ヘビー級をエキサイティングなものにしたかった。今、ヘビー級は最高の状態にあると思う。パワフルな選手がたくさんいて、みんながフィニッシュしている。ヘビー級をもう一度、偉大な階級にしたいんだ。それにはフィニッシュを決めることが大事。今日、観客がいたら打撃とフィニッシュで総立ちだっただろうね。それが俺の狙いさ。これで39勝目だけど、そのうち35回がフィニッシュ勝利、だったかな。正直、判定は3回しかしていないと思うんだけど、誰かが4回と言っていたから自分の成績を確認しないと。自分の記録はもう覚えていないんだ。忘れてしまったからチェックしてみないといけない。いろんなことを経験してきた。今年、今回の試合まではジェットコースターに乗っているような感じだったから、UFCに感謝するとすれば、ホテルに戻り、プロテインのシェイクとセロリスティックを用意して試合後の打ち上げパーティーをしないとね。ヘビー級は直前のオファーがあるんだと知ったから、準備を怠らないようにしたい。今年は最低でもあと2試合したいからね」


ウェルター級マッチ 5分3ラウンド
○コート・マクギー vs. クラウディオ・シウバ●
判定3-0(29-27、30-26、30-26)


コート・マクギー

「過去にこだわりすぎると今やるべきことに集中できなくなるから分けた。この仕事が危ういことは分かっているし、常に危機だと思っている。これまでに3回、惜しい判定で負けている。そのうちの1試合はどちらに転んでもおかしくないものだったけど、残りの2試合はかなりいい勝負だったと思う。自分には次のレベルに進む力があるはず。ただ、それを実現することと、世界最高レベルで実現することは別の話だ。今回はスイッチを入れていい感じだった。2回くらい止められそうになったけど、彼が2敗しかしていないのには理由があるってことだ。とてもいい気分。控室では調子がいいし、トレーニングパートナーが相手だといい感じだし、コーチたちが自分を信じてくれていることは分かっているけど、いざ試合になると違う。自分と相手しかいない。今日はうまくまとめられたと思う。あと一歩でフィニッシュだった。もう少しで一本を取れそうだったからいけたらよかったんだけど、腰をすくえずに逃げられてしまった。あの腕ひしぎ(アームトライアングル)は自分にとって最高のフィニッシュ率を誇る技だから、どうしても決めたかったんだけどね。惜しかった。スペースがないときは自分の持っているものでなんとかするしかない。何人か(試合がしたいと)お願いした。俺とマット・ブラウンはファンにとって最高の試合になりそうだろ。いつも彼を追いかけてきたし、彼も俺と同じようにタフだ。それか、ドナルド・セラーニ。あの人はレジェンドだ。この間、誰かが彼の悪口を言っていたけど、何を言ってんだと思った。あの人は馬に乗ってでかけたり(中略)いろいろやったりするけど、連絡を受けたら土曜日にはきっちり整えて世界最高のヤツと戦うんだ。やられたらやられたでいいだろ。それが世界最高レベルなんだから。そういう人とオクタゴンに入れたら光栄だね。次の相手が誰であっても、自分の中で彼らは少しだけ上がると思う」


フライ級マッチ 5分3ラウンド
○ブルーノ・シウバ vs. ビクター・ロドリゲス●
1ラウンド(1分00秒)TKO


ブルーノ・シウバ

「最高だよ。信じられない。最高の気分だ。さっきあそこで言ったばかりだけど、人生で最高の日さ。間違いなく。めちゃくちゃうれしい! この2カ月ずっと相手を研究してきたけど、実際に会ってみると俺のレベルじゃなかった。自分のゲームには自信があったから、落ち着いて自分の仕事をしようと思っていたんだ。今までとは違っている気がする。新人のような気分。もうすべてを忘れてしまったしね。過去のことだ。ここからは新しい人生、新しいブルーノだ。もっともっとうまくなっていく。試合のたびに成長を実感している。これが新しいブルーノさ。新たなブルドッグの登場だ。11年もやっている。ここに来るのが俺の夢だったのに、試合に負けてしまった。ジムでのトレーニングがうまくいっていたのに、いざ試合になると自分の場合はとても接戦になっていたけど、今は違うんだってことを証明できる。試合に出て相手を仕留め、報酬をもらう。11年間ずっと夢見ていたことが実現したんだ。たくさんの人と戦いたい。全員とやりたいくらいさ。全員ね。もしかしたら、ホジェリオ・ボントリンとの試合がいいかもしれない。でも誰でも。試合を用意してくれれば受ける」


フェザー級マッチ 5分3ラウンド
○ジョシュ・クリバオ vs. シャイラン・ヌアダンビク●
判定3-0(29-28、29-28、29-28)


ジョシュ・クリバオ

「最高の気分だ。オクタゴンでさらに時間を過ごせたのはよかった。フィニッシュしたかったけど、それでもなかなかのパフォーマンスだったと思う。それほどは打たれなかったし、最終的に勝利を手に入れられたから良い気分だ。大勝利さ。相手は第1ラウンドの3分間で一番強いタイプだけど、テイクダウンされたときも抑え込まれなかったし、相手にとって厄介な存在になれたはず。ダウンさせられないと分かると、相手は精神的に参ってしまったらしくて、そこからはこっちが引き継いだ。向こうはライト級から落としてきたわけだし、たくさんのライト級のファイターと戦ってきている中で、ついにフェザー級に落として俺たちを投げ飛ばそうとしたんだろうけど、そうはいかない。フェザー級ファイターのほとんどはそう簡単に倒せないさ。気分はとてもいい。かなりハードなスパーリングのセッションのように、パンチを打つ必要もなく、思いっきり打ち込むだけで楽しめる。ジムであれだけの努力をしてきて、最後にその成果を見せられて最高だ。トレーニングでいろいろ取り組んできたし、フルラウンドを戦い抜けるんだってことを示せたのもよかった。自分の打撃を選んで試合に勝てるってことを証明できた。方の荷を下ろすことができて本当によかった。今年は少なくともあと2試合したい。8月がいいかな。11月もいい。戦いたい相手はチェイス・ホッパー。ずっと要求している試合だから、チェイス・ホッパーよ、俺を避けないでくれよ。俺が今回の試合にサインした途端に、どういうわけか向こうも1週間後に試合が決まっていたから、チェイス、やろうぜ」


フライ級マッチ 5分3ラウンド
○ダビッド・ドボジャーク vs. フアンカミロ・ロンデロス●
1ラウンド(2分18秒)サブミッション(リアネイキドチョーク)


ダビッド・ドボジャーク

「かなりタイトだったし、俺は相手が落ちたと思ったんだ。俺の左だったか右だったか、腕をつかんできたけど、本当にタイトだったから、片手で仕留めた。(腕が)2本必要なこともあるけれど、今回は片手だけ。本当にうれしい。もしかしたら、パフォーマンスボーナスをもらえるかもしれないね。特に、UFCでは最初のフィニッシュだから最高だ。これで俺のことを知ってくれる人がいるかもしれない。オクタゴンの中で旗を掲げたんだ。自分にとってはとてもいい感じ。3勝して、UFCではまだ負けなし。最高だよ。自分にとってもチームにとっても、俺を応援してくれている人たちにとってもね。最高。スキルもうまくなっている。今回の試合後にはトップ10に入れるかもしれない。毎回、自分のベストを尽くそうとしているし、次の試合の後にはトップ5に近づいているかもしれないから、トップにたどり着けるはずだ」


ライト級マッチ 5分3ラウンド
●ハファエル・アウベス vs. ダミル・イスマグロフ○
判定3-0(28-29、28-29、28-29)


ダミル・イスマグロフ

「長く離れていた。ほぼ2年、休んでいたけど、復活だ。エネルギーがバッチリなのは分かるだろ。友人たちに感謝している。家族にも感謝している。カザフスタンのすべての人たちに感謝する」
Facebook Twitter LINE

オクタゴンガール
オフィシャルショップ
FANTASY