UFCがアブダビ再訪、UFC 267を中心とした一連のイベントを開催

UFC UFC PPV
UFC 257:オクタゴンガール【アラブ首長国連邦・アブダビ/2021年1月24日(Photo by Jeff Bottari/Zuffa LLC)】
UFC 257:オクタゴンガール【アラブ首長国連邦・アブダビ/2021年1月24日(Photo by Jeff Bottari/Zuffa LLC)】
世界最高峰の総合格闘技団体であるUFCとアブダビ文化観光局(アブダビDCT)は現地10日(火)、UFCがアラブ首長国連邦の首都であるアブダビに戻り、現地時間10月30日(土)開催のUFC 267を中心とする一連のスリリングなイベントを実施することを発表した。

UFC 267に合わせて一連のイベントが開催される“アブダビ・ショーダウン・ウイーク”では、街中でファンイベントや公開フィットネスなどのさまざまな活動が行われる予定だ。チケット販売やイベントニュースなどの情報を受け取るべく、ファンにはウェブサイト“Visit Abu Dhabi(ビジット・アブダビ”)でUFC 267や一連のイベントへの関心を登録することが推奨されている。

アブダビ・ショーダウン・ウイークの第2弾はUFCとアブダビDCTが構築した革新的な5年のパートナーシップの一環であり、この提携によって2023年までUFCのチャンピオンシップイベントがアブダビにもたらされる。最初のアブダビ・ショーダウン・ウイークは2019年9月に開催されており、スリリングなUFC 242:ヌルマゴメドフ vs. ポワリエがヤス島を訪れた1万4,000人の観衆の前で実施された。

アブダビは世界の国際的なファイトの中心地としての地位を固めつつあり、UFCファイトアイランドの公式なホームになることでUFCとのパートナーシップを強めている。総合格闘技イベントシリーズであるUFCファイトアイランドは驚異のイベントとしてスポーツ界のイメージを具現化してきた。2020年7月からこれまでに3回のUFCファイトアイランドシリーズが行われ、パンデミックの状況において世界中のUFCアスリートが安全で守られた環境の中で競技することを可能にしている。

アブダビは段階的に観光客の受け入れを再開しており、UFCが首長国を再訪するにあたってファンは最新の施設であるエティハド・アリーナでスリリングなライブイベントの目撃者になることが可能だ。このイベントはアブダビ・ショーダウン・ウイークでファンが再び応援するアスリートに近づく機会を提供する。

UFC会長のデイナ・ホワイトは「われわれは10月にアブダビに戻る」と語った。

「アブダビは信じられないほどの場所で、私はこの場所と人々が大好きだ。われわれが取り組んでいるすべてのことについて話し合ってきた。あらゆる契約をこの夏に完了させるつもりだ。もう一度戻って一緒に取り組んできたことのすべてを共有するのが待ちきれない」

アブダビDCTの観光およびマーケティングエグゼクティブディレクターであるアリ・ハッサン・アル・シャイバ閣下は「これはアブダビにとって真に特別なマイルストーンであり、UFCとわれわれのパートナーシップの強さを示すものであるとともに、大きなスポーツイベントの開催に向けてアブダビにはいかに準備ができているかも表している」とコメントし、次のように続けた。

「以前のファイトアイランドの成功を受け、最終的な目標は常に、ファンを呼び戻すことだった。アブダビの政府機関やUFCパートナーたちの公的および私的なセクターを横断するハードワークや協調、協力によってわれわれはこれを再びやり遂げ、ファンはライブイベントのスリルを安全で確かな環境で経験できるだろう。それは今もわれわれの最優先事項だ」
Facebook Twitter LINE

オクタゴンガール
オフィシャルショップ
FANTASY