バーンズがサッゴを一撃ノックアウト

UFCファイトナイト コメント 試合結果
UFCファイトナイト・ピッツバーグ:ジェイソン・サッゴ vs. ギルバート・バーンズ【ペンシルバニア州・アメリカ/2017年9月16日(Photo by Josh Hedges/Zuffa LLC/Zuffa LLC via Getty Images)】
UFCファイトナイト・ピッツバーグ:ジェイソン・サッゴ vs. ギルバート・バーンズ【ペンシルバニア州・アメリカ/2017年9月16日(Photo by Josh Hedges/Zuffa LLC/Zuffa LLC via Getty Images)】
日本時間9月17日(日)、アメリカ・ペンシルバニア州ピッツバーグにあるPPGペインツ・アリーナでUFCファイトナイト・ピッツバーグが開催され、オープニング待ちでライト級のジェイソン・サッゴとギルバート・バーンズが対戦した。

テンポよくジャブを打ち込んでいくバーンズに対し、ゆったりと構えたサッゴがハイキックを見舞うとバーンズも足技で応戦。序盤からどちらも精力的に動くが、バーンズの方が勢いをつけている様子をうかがわせた。少し下がり気味になったサッゴに右のミドルキックを放ったバーンズだったが、サッゴに足を捕らえられてマットに倒れる。それでも、横になりながらサッゴの攻撃を退け、スタンディングに戻った直後にタックルを仕掛けたバーンズはコンビネーションを打ち込んで第1ラウンドを終えた。

第2ラウンドはサッゴが早い段階から蹴り込めばバーンズも強拳で応じ、再びバーンズが足を捕らえられてマットに倒れたが、サッゴはグラウンドゲームに持ち込まない。終盤にはサッゴをタックルしたバーンズが身体ごと持ち上げてテイクダウンを取り、マウントポジションからパウンドを見舞ったものの、サッゴが何とか起き上がってスタンディングに戻った。しかし、ラウンド終了10秒前の合図が鳴った直後、サッゴの左が空を切ったところにバーンズの強烈な右がクリーンヒットしてバーンズの意識が飛んだ。

ライト級マッチ 5分3ラウンド
●ジェイソン・サッゴ vs. ギルバート・バーンズ○
2ラウンド(4分55秒)KO

ギルバート・バーンズ


「最高の気分だ。俺の柔術は最高だし、グラップリングも最高、もっとうまくなりたくてずっとがんばってきた。打撃を向上させたかったんだ。自分の拳に力があることは分かっていたけど、パワーだけじゃダメ。タイミングが大事、正確さもいる。距離感を重視して取り組んできた。試合前にコーチに右フックを狙うなと言われたけど、打ち込んだら相手がダウンした。自分が打った瞬間に相手がダウンするだろうなと分かったんだ。感触があった。この階級の誰もが俺とはグラウンドで戦いたがらない。それは分かっている。彼はスマートに組み立てていたし、素晴らしい仕事をしていたと思うけど、どちらのラウンドも自分が勝っていたと思う。ジェイソン・サッゴのことはとても尊敬しているし、強さを増して復活してほしいけれど、今は自分が別のレベルにいるんだと思っている。スタンドにもっと自信がついたら、もっと危険な存在になれるはず。ジム・ミラーが試合相手を探していると聞いたから、俺はいける。やってやろうじゃないか」
Facebook Twitter LINE

オクタゴンガール
オフィシャルショップ
FANTASY