ブラホビッチがキャノニアに判定勝ち

UFCファイトナイト コメント 試合結果
UFCファイトナイト・ウィニペグ:ジャレッド・キャノニア vs. ヤン・ブラホビッチ【カナダ・ウィニペグ/2017年12月16日(Photo by Josh Hedges/Zuffa LLC/Zuffa LLC via Getty Images)】
UFCファイトナイト・ウィニペグ:ジャレッド・キャノニア vs. ヤン・ブラホビッチ【カナダ・ウィニペグ/2017年12月16日(Photo by Josh Hedges/Zuffa LLC/Zuffa LLC via Getty Images)】
日本時間12月17日(日)、カナダ・マニトバ州ウィニペグのベルMTSプレイスにてUFCファイトナイト・ウィニペグが開催され、ライトヘビー級のジャレッド・キャノニアとヤン・ブラホビッチが対戦した。

互いにジャブを繰り出しながら近い距離でタイミングを図る両者。ブラホビッチがハイキックをヒットさせるも、引くことなく前に出るキャノニアは足元から崩そうとローキックを入れていった。一方、ブラホビッチはコンビネーションを繰り出しながら応戦する。

第2ラウンドは序盤からキャノニアがプレッシャーをかけていくが、ブラホビッチが好タイミングでテイクダウンを取り、キャノニアをケージに押し込んだ。すぐにスタンディングに戻り、再びジャブを打ち合っていく中、ブラホビッチの強打がキャノニアをとらえ、ダウンしたキャノニアのマウントポジションを取りに行ったものの、決定打にはつながらない。

ブラホビッチがワンツーを仕掛けた直後、キャノニアも打撃を食らわせてプレッシャーをかけていったものの、手数は圧倒的にブラホビッチの方が多く、有効打を重ねてペースを作る。さらにテイクダウンを成功させたブラホビッチは抵抗する相手を押さえ込みながら優位な体勢を維持して関節技を狙ったが、技をかける前に時間切れとなり、勝負の行方はジャッジに委ねられた。

判定の末、ユナニマスデシジョンでブラホビッチに軍配が上がっている。

ライトヘビー級マッチ 5分3ラウンド
●ジャレッド・キャノニア vs. ヤン・ブラホビッチ○
判定3-0(28-29、28-29、28-29)

ヤン・ブラホビッチ


「今日はいろいろとうまくいった。自分の方が打撃を多く当てられていたし、ダメージも多く与えられた。その理由は俺が自分のスタイルに持ち込んでいったからだ。もっとうまくできたと思えるところもたくさんある。もっと右パンチを打っていくべきだったし、フィニッシュできたかもしれない。ただ、相手はパワーがすごくて超危険なファイターだから、慎重にいかないといけないんだ。彼のような人を相手にすると、一発ですべてが変わってしまう可能性がある。これから家に帰って家族と一緒に休暇を過ごす。その後はロンドンで試合がしたい。マイケル・ビスピンがロンドンでリタイアするつもりだと聞いたから、もしかしたらライトヘビー級で俺と戦いたいと思うかもしれないだろ」
Facebook Twitter LINE

オクタゴンガール
オフィシャルショップ
FANTASY