ジェシカ・アイがファリアにスプリット判定勝ち

UFCファイトナイト コメント 試合結果
UFCファイトナイト・セントルイス:カリンドラ・ファリア vs. ジェシカ・アイ【ミズーリ州セントルイス・アメリカ/2018年1月14日(Photo by Josh Hedges/Zuffa LLC/Zuffa LLC via Getty Images)】
UFCファイトナイト・セントルイス:カリンドラ・ファリア vs. ジェシカ・アイ【ミズーリ州セントルイス・アメリカ/2018年1月14日(Photo by Josh Hedges/Zuffa LLC/Zuffa LLC via Getty Images)】
日本時間1月15日(月)、アメリカ・ミズーリ州セントルイスのスコットトレード・センターでUFCファイトナイト・セントルイスが開催され、カリンドラ・ファリア対ジェシカ・アイの女子フライ級マッチが行われた。

両者の激しい打ち合いで始まった試合はファリアが強烈な左のヘッドキックをヒットさせ、そのままアイをテイクダウンするも、アイがすかさず関節技をかけにいく。ところが、ファリアもアイの足をつかんでフィニッシュを狙った。ファリアが優位な体勢を保ったが、アイが全身に力を入れて足をロック。必死に逃れようとするファリアの顔にパンチを打ち込むアイだが、ファリアもエルボーを入れて応戦する。もつれ合ったまま最初の5分が終了した。

第2ラウンドはファリアが足技を決めながら前に出たところをアイがつかみ、背後に回って引きずり倒し、チョークを狙ったものの、ファリアに防がれて腕が入らない。それでも、三角絞めでファリアの体を押さえつけながらチャンスを狙う。抵抗するファリアの動きに合わせて馬乗り状態にまで持ち込んだが、フィニッシュにはいたらず。

アイのプレッシャーを受けるファリアはステップを踏んでリズムを作り、ジャブを当てて反撃のチャンスを狙ったものの、相手の動きを見切るアイがスキをついてテイクダウンを奪った。マウントポジションを取ったアイはパウンドを浴びせたが、体を話してスタンディングに戻している。その後、ファリアがテイクダウンを仕掛けるも、ケージに押し込まれたアイが相手を倒して再びマウントポジションを確保。しかし、関節技を決められず、試合終了を告げるホーンが鳴った。

3名のジャッジに委ねられた勝負はスプリット判定でアイに軍配が上がっている。

女子フライ級マッチ 5分3ラウンド
カリンドラ・ファリア vs. ジェシカ・アイ
判定2-1(28-29、29-28、28-29)

ジェシカ・アイ


「世界の頂点に立った気分よ。フライ級で戦えるようになるのに5年かかったから、自分の階級に戻れてうれしいし、勝利できたことは何とも比べようがないわ。入場ではちょっと不安だった。この瞬間が来るまでかなり緊張していたの。でも、それも当然だと思っているわ。根性で勝った。テイクダウンも打撃も、すべてがファイターに求められるもの。信じられない気分。まだ次をどうすると言うつもりはないけれど、またすぐに会いましょう!」
Facebook Twitter LINE

オクタゴンガール
オフィシャルショップ
FANTASY