UFC 221:公式計量結果

UFC PPV 公式計量
UFC 221:フェイスオフに臨んだ石原“夜叉坊”暉仁とホセ・キノネス【オーストラリア・パース/2018年2月10日(Photo by Jeff Bottari/Zuffa LLC/Zuffa LLC via Getty Images)】
UFC 221:フェイスオフに臨んだ石原“夜叉坊”暉仁とホセ・キノネス【オーストラリア・パース/2018年2月10日(Photo by Jeff Bottari/Zuffa LLC/Zuffa LLC via Getty Images)】
日本時間2月10日(土)、翌日に本番を控えたUFC 221の公式計量が実施された。

オーストラリア・パースのパース・アリーナを舞台に開催されるUFC 221のメインイベントではヨエル・ロメロとルーク・ロックホールドがミドル級暫定王座をかけて激突する。セミメインイベントでヘビー級ランキング5位につけるマーク・ハントが同9位のカーティス・ブレイズを迎え撃つほか、石原“夜叉坊”暉仁、廣田瑞人、阿部大治らの試合も注目だ。

日本人選手3名が出場するアーリープレリム(3試合)は日本時間2月11日(日)朝8時30分に開演し、『DAZN』で生中継される。10時スタートのプレリム4試合はUFCファイトパスで生放送し、正午に始まるメインカード5試合は再びDAZNで生中継されることになっている。また、日本国内では2月17日(土)22時から『FOXスポーツ&エンターテイメント』にて録画放送される予定だ。

UFC 221:ロメロ vs. ロックホールド
現地および日本時間2018年2月11日(日)
パース・アリーナ(オーストラリア・パース)


【メインイベント】
ミドル級暫定王座決定戦
ヨエル・ロメロ(188lbs/85.28kg)* vs. ルーク・ロックホールド(185lbs/83.91kg)
<* ロメロは計量時に規定体重をオーバーしていたため、2時間の猶予が与えられて再計量に臨む>

【メインカード】
ヘビー級マッチ
マーク・ハント(265lbs/120.20kg) vs. カーティス・ブレイズ(255.5lbs/115.89kg)

ヘビー級マッチ
タイ・トゥイバサ(263.5lbs/119.52kg) vs. シリル・アスカー(243.5lbs/110.45kg)

ウェルター級マッチ
ジェイク・マシューズ(170.5lbs/77.34kg) vs. リー・ジンリャン(170lbs/77.11kg)

ライトヘビー級マッチ
タイソン・ペドロ(205lbs/92.99kg) vs. サパルベク・サファロフ(204.5lbs/92.76kg)

【プレリム】
ライト級マッチ
ダミアン・ブラウン(156lbs/70.76kg) vs. キム・ドンヒョン(156lbs/70.76kg)

ミドル級マッチ
ロブ・ウィルキンソン(186lbs/84.37kg) vs. イズラエル・アデサニヤ(183lbs/83.01kg)

フェザー級マッチ
アレックス・ボルカノフスキー(145lbs/65.77kg) vs. ジェレミー・ケネディ(145lbs/65.77kg)

フライ級マッチ
ジュシー・フォルミーガ(126lbs/57.15kg)* vs. ベン・グエン(125.5lbs/56.93kg)
<* フォルミーガは計量時に規定体重をオーバー(126.15lbs)していたため、2時間の猶予が与えられて再計量に臨み、126パウンドで計量をパス>

【アーリープレリム】
ライト級マッチ
ロス・ピアソン(156lbs/70.76kg) vs. 廣田瑞人(156lbs/70.76kg)

バンタム級マッチ
石原“夜叉坊”暉仁(135.5lbs/61.46kg) vs. ホセ・キノネス(135lbs/61.24kg)

ウェルター級マッチ
ルーク・ジュモー(170.5lbs/77.34kg) vs. 阿部大治(170.5lbs/77.34kg)
Facebook Twitter LINE

オクタゴンガール
オフィシャルショップ
FANTASY