ゾボタに強烈な打撃を食らわせたエドワーズがTKO勝利

UFCファイトナイト コメント 試合結果
UFCファイトナイト・ロンドン:レオン・エドワーズ vs. ペーター・ゾボタ【イギリス・ロンドン/2018年3月17日(Photo by Brandon Magnus/Zuffa LLC/Zuffa LLC via Getty Images)】
UFCファイトナイト・ロンドン:レオン・エドワーズ vs. ペーター・ゾボタ【イギリス・ロンドン/2018年3月17日(Photo by Brandon Magnus/Zuffa LLC/Zuffa LLC via Getty Images)】
日本時間3月18日(日)、イギリス・ロンドンのO2アリーナでUFCファイトナイト・ロンドンが開催され、ウェルター級のレオン・エドワーズとペーター・ゾボタが対戦した。

試合開始直後、ゾボタのパンチに合わせたエドワーズのカウンターがヒット、早々にゾボタからダウンを奪う。エドワーズはすかさず追撃を試みるも、ゾボタも関節技を狙って腕を取りエドワーズの追撃を防いだ。グラウンドでの攻防が続くも互いに決め手を欠いてこう着状態が続いた為、レフェリーからスタンディングでの仕切り直しを促される場面もあった。

試合が動いたのは最終ラウンドの終盤、マウント状態でエドワーズがゾボタの背後に回り込み、逃げられないよう足を使って組み付きながらゾボタへ強烈なパンチを浴びせる。ゾボタはなんとか状況を打開しようともがくものの、足でがっちり押さえ込まれていて逃れることができない。エドワーズのパンチを受け続けた結果、ゾボタの顔から流血が見られるようになり、ラウンド終了まで残り数秒のところでレフェリーが止めに入り、エドワーズのTKO勝ちが決まった。

ウェルター級マッチ 5分3ラウンド
○レオン・エドワーズ vs. ペーター・ゾボタ●
3ラウンド(4分59秒)TKO

レオン・エドワーズ


「5連勝、世界のトップ15、気分がいい。次を楽しみにしている。俺はダレン・ティルを指名した。それだけだ。このゲームに友などいない。今週末に休んで、そうしたらまたすぐ8週間に臨みたい。リバプールでティルとやらせてもらえないなら、7月のベガスになれば最高だ。スティペ(ミオシッチ)とDC(ダニエル・コーミエ)のカードに載りたい。久しくアメリカで試合をしていないから、そういう意味でもいいかもね。ただ、与えられる相手と戦うことに変わりはない。この5年でイギリスのMMAは育ってきたし、その一員であることはすごいと思う。イギリスで5連勝した。その間、どこにも旅をしていない。アメリカに行かず、バーミンガムにとどまってすべてを成し遂げたんだ。ダニー・ロバーツから話しかけられて、バーミンガムで一緒にトレーニングをしたいと言われた。歓迎するよ。イギリスでやり続けようぜ。イギリスで築いていくんだ。月曜日にはランキングがどうなるか見てみよう。トップ10に入っているはずだから、月曜日に見てみて、そこからまた進む」
Facebook Twitter LINE

オクタゴンガール
オフィシャルショップ
FANTASY