ラフレアがガルシアにユナニマス判定勝利

UFCファイトナイト コメント 試合結果
UFCファイトナイト・アトランティックシティ:ライアン・ラフレア vs. アレックス・ガルシア【アメリカ・ニュージャージー州アトランティックシティ/2018年4月21日(Photo by Patrick Smith/Zuffa LLC/Zuffa LLC via Getty Images)】
UFCファイトナイト・アトランティックシティ:ライアン・ラフレア vs. アレックス・ガルシア【アメリカ・ニュージャージー州アトランティックシティ/2018年4月21日(Photo by Patrick Smith/Zuffa LLC/Zuffa LLC via Getty Images)】
日本時間4月22日(日)、ニュージャージー州アトランティックシティのアトランティックシティ・ボードウオーク・ホールでUFCファイトナイト・アトランティックシティが開催され、ウェルター級のライアン・ラフレアとアレックス・ガルシアが対戦した。

序盤に左のジャブできっかけを作ったガルシアに対し、ラフレアもワンツーを当てて攻撃を組み立てつつ、ガルシアのタックルもつぶす。組み付いた状態からラフレアがケージに相手を押し込んだものの、いったん体を離してスタンディングに戻した。

インターバルを経て迎えた第2ラウンド、ラフレアが覆いかぶさる格好からテイクダウンを狙うも、素早く切り返したガルシアがタックルに展開してテイクダウンを成功させる。しかし、難を逃れたラフレアが反撃に出てテイクダウンを取り、マウントポジションからパウンドを浴びせつつ、展開を狙っていったが、大きな動きがないままラウンドが終了した。

ボディキックでラフレアが倒れ、ガルシアが優位なポジションを得るも次の動きにつなげられず、いったんスタンディングに戻されて試合再開となった最後のラウンドは再びグラウンドでの展開になるも、互いに疲れが見えることもあってどちらも動きが止まり、またもブレイクを指示される。残り10秒は両者とも打撃を繰り出したが、勝負の行方はジャッジに委ねられ、ユナニマス判定でラフレアに軍配が上がった。

ウェルター級マッチ 5分3ラウンド
○ライアン・ラフレア vs. アレックス・ガルシア●
判定3-0(30-27、30-27、30-27)

ライアン・ラフレア


「わりと予想していた通りに戦えた。相手の動きはすべて見えていた。一度もクリーンなパンチは受けなかったと思う。年も取ってきたし、ハイレベルな相手と戦いたい。自分を試さないといけない。ニックネームを“ザ・デシジョネイター”ライアン・ラフレアにすべきかもね。別に俺はかまわないよ。自分の責任だからな。ものすごく興奮する試合じゃなかったのは分かっているけれど、最後の10秒だって俺はフィニッシュしようとしていた。膝蹴りを食らわせたしね。もうあと10秒あればフィニッシュできたはずだ」

Facebook Twitter LINE

オクタゴンガール
オフィシャルショップ
FANTASY