ケイシーはアギラーを寄せ付けず、アンティグロフは秒殺勝利!

UFC PPV 試合レポート
UFC 211:ジェシカ・アギラー vs. コートニー・ケイシー【アメリカ・テキサス州ダラス/2017年5月13日(Photo by Josh Hedges/Zuffa LLC/Zuffa LLC via Getty Images)】
UFC 211:ジェシカ・アギラー vs. コートニー・ケイシー【アメリカ・テキサス州ダラス/2017年5月13日(Photo by Josh Hedges/Zuffa LLC/Zuffa LLC via Getty Images)】
女子ストロー級 5分3ラウンド
ジェシカ・アギラー vs. コートニー・ケイシー


日本時間2017年5月14日(日)に米国テキサス州ダラスにあるアメリカン・エアラインズ・センターで開催されたUFC 211アーリープレリムの最終戦として、コートニー・ケイシー対ジェシカ・アギラーの女子ストロー級マッチが行われた。

同級ランキング12位につける強豪アギラーの約2年ぶりとなる復帰戦の相手を務めたケイシーは、3ラウンドのほぼ全局面でアギラーを圧倒。文句なしのユナニマス判定(30-27)で勝利を収めると、その戦績を7勝4敗に更新している。これまでの6勝をすべて1ラウンドフィニッシュで勝利しているケイシーに対し、アギラーも最後まであきらめずに戦い続けたものの、アギラーは終始ケイシーの長い手足に苦しみ続けた。

第1ラウンドは長身のケイシーが打点の遠い左右のパンチでアギラーを突き放す展開で始まったものの、ローキックに軸足を払われたケイシーが後方に倒れると、アギラーがパウンドと共に一気に襲い掛かる。ケイシーは落ち着いてこれをさばき、一瞬のスキをついた草刈りで立ち上がった。攻防がスタンドに戻るとケイシーは再びリーチの長いパンチでアギラーを捉え続けるが、パンチの打ち終わりに放ったローキックをキャッチされ、テイクダウンを奪われる。だが、アギラーは攻防がグラウンドになってもリーチに勝るケイシーを相手に攻めあぐね、レフリーのケリー・ハトリーが両者にブレイクを命じた。

パンチの連打で前に出たケイシーはアギラーのタックルを誘ってきれいにカウンターのヒザを突き上げるも、テイクダウンを奪われる。ケイシーが下のポジションから間接蹴りと蹴り上げを使い分けたため、アギラーはパウンドが落とせずにレフリーにブレイクを命じられてしまった。その後もケイシーのリーチに苦しんだアギラーだったが、ケイシーのキックをキャッチしてテイクダウンを成功。ケイシーのアップキックにふらつく姿を見せながらも、何とかポジションをハーフガードまで進めてラウンドを終えた。

最終ラウンドに入ってもケイシーの圧倒的なリーチの長さと手数の多さが試合を支配する。アギラーは強引に前に出ても体格に勝るケイシーに金網まで押し込まれ、鼻からの出血あってかなり苦しげな様子だった。その後、テイクダウンを狙って距離を詰めるアギラーと、それをリーチと手数で突き放すケイシーの攻防が試合終了まで何度も繰り返された。

この試合の結果、アギラーのプロ通算戦績は19勝6敗となっている。

フェザー級 5分3ラウンド
ガブリエル・ベニテス vs. エンリケ・バルソラ


ガードの低いバルゾラに対し、サウスポーに構えたベニテスが強烈なミドルとシャープなパンチで前に出る。バルゾラは何度も両足タックルに飛び込むが、ベニテスはすぐに立ち上がってロー、ミドル、ハイという多彩なキックでファンを魅了した。しかし、ラウンドが終盤に近づくとバルゾラも左右のパンチとともに前に出て圧力を強め、ベニテスを抱え上げてマットに叩きつけるなど一歩も引く素振りを見せない。

素早い左右へのステップから飛び込みのチャンスをうかがうバルソラは、ベニテスの鋭いワンツーに足を止める場面がありつつも果敢にタックルを仕掛け続けた。テイクダウンされるたびにすぐにスクランブルに持ち込んで立ち上がるベニテスだが、ラウンド中盤が過ぎると次第にスタンドでの手数が落ち始め、バルソラの圧力が目立ち始める。

バルソラの豊富な運動量は最終ラウンドに入っても輝きを失わない。左右のパンチで距離を詰めて両足タックルを成功させたバルソラは、立ち上がろうとするベニテスの背後に回り込んでチョークを狙った。苦しげな表情を見せていたベニテスだが、ここは気力で攻防をスクランブルに持ち込み、最悪のポジションから脱出する。スタンドに戻るとベニテスも猛烈に手数を繰り出し始め、両者の激しい打撃戦に場内が大歓声を送った。残り時間1分15秒、バルソラが渾身のテイクダウンを成功させるが、ベニテスもすぐに立ち上がって攻防をスタンドに戻すことに成功。残り時間が少なくなると、両者は足を止めて打ち合いを開始した。ベニテスの左ストレートがバルソラをノックダウンした瞬間、試合終了を告げるブザーが鳴る。 試合後は勝利を確信したベニテスが左腕を掲げていたものの、ジャッジの判定はうつむきがちにブルース・バッファーのコールを聞いていたエンリケ・バルソラを29-28のユナニマスで支持。打撃では苦しいシーンがありながらも、3ラウンドにわたり終始前に出続けたバルソラが貴重な判定勝利をもぎ取った。この勝利でTUFラテンアメリカ優勝者のペルーファイターであるエンリケ・バルソラがその戦績を14勝3敗1分けと伸ばし、メキシコのストライカー、ガブリエル・ベニテスは19勝7敗となっている。

ライトヘビー級 5分3ラウンド
ジョアキム・クリステンセン vs. ガジムラド・アンティグロフ


しばらく様子をうかがっていたガジムラド・アンティグロフが両足タックルのフェイントから左右フックで飛び込み、距離を詰めて容易く片足タックルを成功させる。ジョアキム・クリステンセンはすぐにスイッチを入れ、相手の横に体をずらしながら立ち上がろうとするが、アンティグロフは動じずにプレッシャーをかけ続け、じりじりと相手の背後に回り込んでクリステンセンをバックポジションで支配した。冷静にチョークを狙い続けたアンティグロフはその右腕で相手の顎を締め上げ、1ラウンド2分21秒に柔術黒帯のクリステンセンからタップを引き出している。

この勝利で戦績を20勝4敗と伸ばしたロシアのアンティグロフは、その20勝のうち17勝は1ラウンドによるフィニッシュという驚異的な秒殺率を誇っている。一方、対戦相手のデンマークファイター、クリステンセンは14勝5敗と戦績を落とした。
Facebook Twitter LINE

オクタゴンガール
オフィシャルショップ
FANTASY