UFC 236:パントーハがヘイスを1Rでノックアウト!

UFC PPV コメント 試合結果
UFC 236:ジェイリン・ターナー vs. マット・フレボラ【アメリカ・ジョージア州アトランタ/2019年4月13日(Photo by Josh Hedges/Zuffa LLC/Zuffa LLC via Getty Images)】
UFC 236:ジェイリン・ターナー vs. マット・フレボラ【アメリカ・ジョージア州アトランタ/2019年4月13日(Photo by Josh Hedges/Zuffa LLC/Zuffa LLC via Getty Images)】
日本時間4月14日(日)、アメリカ・ジョージア州アトランタのステート・ファーム・アリーナを舞台にUFC 236が開催され、プレリムではフライ級ランキング4位につけるウィルソン・ヘイスを同5位のアレクサンドル・パントーハがノックアウトしてTKO勝利を挙げた。

【プレリム】
ライト級マッチ 5分3ラウンド
●ジェイリン・ターナー vs. マット・フレボラ○
判定3-0(27-30、27-30、27-30)


マット・フレボラ

「向こうが強いストライカーなのは分かっていたから、汚くても食らいついていくドッグファイトがプランだった。このスタイルで10戦やって10勝しているし、今日もその結果になった。向こうは背も高くてリーチもある。スタンスを切り替えてきたし、膝のタイミングもずらしてきた。捕まえたときは必死にいった。でも、テイクダウンはうまくかわされてしまったし、ケージをアドバンテージにするよりも生かすしかなかったんだ。関節技がもう少しで決まりそうだったし、向こうがゴホゴホ言っているのも聞こえた。第1ラウンドは俺が相手の背中を取っていたから、フィニッシュできるようにもっとプッシュすべきだった。今回の勝利は喜んでいただくし、この試合でいい経験になった」


フライ級マッチ 5分3ラウンド
●ウィルソン・ヘイス vs. アレクサンドル・パントーハ○
1ラウンド(2分58秒)TKO


アレクサンドル・パントーハ

「ずっとケージの中でウィルソンと戦いたかっただけに、でかい瞬間だったけど、あまり興奮しすぎたくなかった。熱くならないように。戦略にこだわって、ゲームプランにこだわって、たくさん動かないといけなかったしね。向こうは優れたグラップリングがあるし、柔術もすごいから、スタンディングをキープして打撃でいきながら距離を取りたかった。プランは相手を疲れさせること。あのテイクダウンは予想していたし、対応も準備していた。ディフェンスしたかったけど、疲れさせて打撃で行く予定だった。これで自分にとっては最大の勝利を手に入れたし、彼はランキング4位だったから、ベルトに一歩近づけたと思う。ヘンリーはいい友達なんだ。彼とはトレーニングもたくさんしているし、6カ月間、一緒に過ごした。俺の地元、ブラジルの小さな町にも来てくれたし、お正月のパーティーも一緒に楽しんだんだ。ヘンリーと戦うつもりだけど、テイクダウンなしだったらね!」


ウェルター級マッチ 5分3ラウンド
○マックス・グリフィン vs. ゼリム・イマダエフ●
判定2-0(29-27、28-28、29-27)


マックス・グリフィン

「昨日、朝飯のビュッフェで狙ってきやがったんだ。バスのときもそう。俺が打ち負かしたいと思って戦った相手にこんなことをされたのは初めてだ。あいつは最悪、最低なヤローだ。結局、MMAがあいつをこらしめたのさ。レスリングは俺の方が上。あいつにポイントがついていないことを願うよ。あれでアクションが止まったし、俺のポジションを台無しにしやがった。最低最悪なファイターだし、イカサマ野郎だ。俺が仕掛けていったらケージをつかみやがったし、クリンチのときはグローブをギュッと握っていやがった。前回の試合ではチアゴに勝ったと思ったのに、勝利が奪われた気がしている。2連敗していたし、最後の試合になるかもしれなかった。今回の相手は勢いがあって、俺が負けて向こうの勝利のために用意された舞台のようにも感じていた。UFCではこれが最後の試合になるかもしれなかったから、今回の勝利が少し満足させてくれている」


バンタム級マッチ 5分3ラウンド
ボストン・サーモン vs. カリッド・タハ
1ラウンド(0分25秒)TKO


カリッド・タハ

「これ以上ないよね。1ラウンド開始早々にノックアウトなんて。試合が長くなれば経験は積めるけど、今日のためにしっかり準備してきていたからな。25秒殺だったけど、俺は15分間、激しく戦い切るつもりで準備していた。この3カ月、本当にうまく調整できたし、ドイツ、モロッコ、カナダ、ラスベガスでのトレーニングもうまくいった。あのコンビネーションも練習していたし、カウンター狙いのストライカーを相手にしてもフィニッシュできるようにってね。来月はラマダンの月だから、その後にまた試合がしたい」


【アーリープレリム】
ウェルター級マッチ 5分3ラウンド
●カーティス・ミレンダー vs. ベラル・ムハマッド○
判定3-0(27-29、27-29、26-30)


ベラル・ムハマッド

「今回の試合は自分にとっての試練だった。激しく急いだ前回の負けから学んだんだ。今日のプランは冷静かつ落ち着いていくこと、相手を打ち負かすゲームプランにしっかり沿って戦うことだった。距離を縮める必要があったけど、レンジに関しては向こうがベストを尽くしてきたから、相手が嫌がるようにやっていかないといけなかったし、押していく必要があった。次は7月にニコ・プライスとやりたい。俺と同じように彼も常に戦いを望んでいるから、やろうぜ」


バンタム級マッチ 5分3ラウンド
○モンテル・ジャクソン vs. アンドレ・スーカムタス●
判定3-0(30-26、30-27、29-27)


モンテル・ジャクソン

「予想していた試合になったし、自分が圧倒して勝利した。もうちょっと攻めていけると思っていた。特にスタンディングではね。相手に驚かされたようなことは何もなかった。ものすごい頑丈で度胸試しを仕掛けてきた。フィニッシュできなかったことには不満があるけど、それだけかな」


女子フライ級マッチ 5分3ラウンド
●ローレン・ミューラー vs. ポリアナ・ボテーリョ○
判定3-0(28-29、28-29、28-29)


ポリアナ・ボテーリョ

(コメントなし)


バンタム級マッチ 5分3ラウンド
○ブランドン・デイビス vs. ランディ・コスタ●
2ラウンド(1分12秒)サブミッション(リアネイキドチョーク)


ブランドン・デイビス

「最初のラウンドは相手の手数の方が自分よりも少し多かったけど、別にどれもどうってことはなかった。2ラウンド目は最初のラウンドよりも手数を増やしていく必要があった。ジャブはうまく決まっていたし、いい感じだったと思う。相手を痛めつけるならあのジャブだって思っていたからね。もっと打ち込むようにしていったら、膝に食らったけど別に大したことはなかったし、ジャブのワンツーでダメージを食らわせてやった。グラウンドでは向こうが休んでいるのを感じたから、背中を取ってフィニッシュしてやったんだ。次は、ゲーム・オブ・スローンズを見て、それから次の試合だな。できるなら来週にも戦うぜ」
Facebook Twitter LINE

オクタゴンガール
オフィシャルショップ
FANTASY