プディロヴァがジヨンを抑えてUFC初勝利

UFCファイトナイト
UFCファイトナイト・シンガポール:キム・ジヨン vs. ルーシー・プディロヴァ【シンガポール・カラン/2017年6月17日(Photo by Brandon Magnus/Zuffa LLC/Zuffa LLC via Getty Images)】
UFCファイトナイト・シンガポール:キム・ジヨン vs. ルーシー・プディロヴァ【シンガポール・カラン/2017年6月17日(Photo by Brandon Magnus/Zuffa LLC/Zuffa LLC via Getty Images)】
日本時間6月17日(土)、シンガポールのシンガポール・インドア・スタジアムを舞台に開催されたUFCファイトナイト・シンガポールにて、キム・ジヨン対ルーシー・プディロヴァの女子バンタム級戦が行われた。

韓国出身のジヨンは2013年に総合格闘技を始め、日本のGLADIATOR、DEEP JEWELS、TFCといった団体でチャンピオンを経験した韓国最強の女子バンタム級選手として注目されるファイター。一方、チェコのプディロヴァはUFCではまだ勝利がなく、初勝利を目指してこの対戦に臨んだ。

雄叫びを上げ、気合を入れてオクタゴンに向かったジヨンにプディロヴァが冷静に対峙し、序盤からスタンディングでのパンチの応酬に。ジヨンの右フックがプディロヴァの顔面をヒットすると、プディロヴァは左ストレートや細かいジャブを当てて前に出る。第1ラウンド終盤にはジヨンのキックから試合が動くかと見えたが、今度はプディロヴァが左フックをヒットさせ、共に互角の戦いで5分を終えた。

第2ラウンドに入るとジヨンが左ジャブとアッパーを交えたコンビネーションでプディロヴァに襲いかかり、プディロヴァはたまらずクリンチで時間を稼いだ。ケージに押し込んだプディロヴァはテイクダウンを狙うが、ジヨンは落ち着いてディフェンスし、逆に膝を入れていく。

両者は残り1分45秒でレフリーによって中央に戻され、再びジヨンが距離を取りながらパンチを入れていった。プディロヴァは金網に押し込むが有効な攻撃ができず、そのまま第2ラウンドは終了。

顔からの出血が目立ち始めたプディロヴァだが、最終ラウンドでは前に出るようにセコンドからも指示が出たのか、ジヨンをケージに押しつけて細かい攻撃を仕掛けていく。しかし、ジヨンはここでも冷静に対応し、残り3分30秒でレフリーのストップが入った。

残り2分45秒になったところで、再びケージ際まで押したプディロヴァが長い手を生かしてスタンディングのままギロチンに持ち込もうとする。それを振り解いたジヨンは上のポジションを取って攻めようとするが、プディロヴァはうまく立ち上がって再びギロチンを試みた。最後にプディロヴァは膝も入れて攻撃を仕掛けるが、両者が組み合ったまま試合は終了時間に。

判定は3−0(3者とも29-28)でプディロヴァ。予想外の判定だったのかプディロヴァは一瞬驚いた表情を見せたが、最後まで攻撃を仕掛け続けたことが勝利につながった。
Facebook Twitter LINE

オクタゴンガール
オフィシャルショップ
FANTASY