井上がUFCデビュー戦で白星!

UFCファイトナイト
UFCファイトナイト・シンガポール:井上直樹 vs. カールス・ジョン・デ・トーマス【シンガポール・カラン/2017年6月17日(Photo by Brandon Magnus/Zuffa LLC/Zuffa LLC via Getty Images)】
UFCファイトナイト・シンガポール:井上直樹 vs. カールス・ジョン・デ・トーマス【シンガポール・カラン/2017年6月17日(Photo by Brandon Magnus/Zuffa LLC/Zuffa LLC via Getty Images)】
日本時間6月17日(土)、シンガポールのシンガポール・インドア・スタジアムを舞台に開催されたUFCファイトナイト・シンガポールで井上直樹がUFCデビュー戦に挑み、フライ級の一戦でカールス・ジョン・デ・トーマスと対戦した。

愛知県豊橋市出身の井上はつい最近20歳になったばかり。DEEPで10連勝を上げた実力に注目が集まる一方、対するフィリピン出身のデ・トーマスもまた無敗の新人であり、今後のフライ級を担う若手同士の対戦に期待が高まっていた。

試合はデ・トーマスのキックが井上をヒットする形で開始。一瞬の隙を突いて左フックを当てたデ・トーマスは、さらに井上を持ち上げてテイクダウンを奪った。これに冷静に対応した井上は逆に得意のグラウンドで身体をうまく使ってデ・トーマスの後ろを取ると、ギロチンに持ち込もうとする。井上はバックから細かいパンチを当ててサブミッションを狙うが、デ・トーマスも上手く体勢を立て直した。

だが、今度は井上が腕を取って十字の形を狙う。最後までグラウンドをコントロールした井上だが、サブミッションを奪うことはできずに第1ラウンドが終了した。

第2ラウンドに入り、スタンディングからお互いに素早いパンチ、そしてキックの応酬となるも、井上は左ジャブとローキックを的確に当てていく。少し動きが止まったデ・トーマスに対してコンビネーションも見せ、攻め続ける井上。デ・トーマスのキックを交わして再びコンビネーションを当てると、デ・トーマスはたまらず組みつこうとした。

そこから後ろを取った井上は、ギロチン、そして腕十字と多彩な動きでサブミッションを狙う。その間にも細かいパウンドを浴びせ続ける井上に対して、デ・トーマスは防戦一方となった。残り10秒を切ってから腕を取って一気にサブミッションを狙った井上だが、ブザーに止められてしまい、決めきれずに試合は最終ラウンドへ。

第2ラウンドを何とか逃げ切ったデ・トーマスだが、動きは鈍く、疲れが見える。そのデ・トーマスにパンチを当てる井上は、テイクダウンを狙った際に上から肘を受けてしまった。しかし、再びグラウンドからサブミッションを狙う井上は、腕十字、ギロチンと攻撃を繰り出し続ける。デ・トーマスも立ち上がろうとするが、井上の冷静な対処が光った。

残り1分を切って今度はデ・トーマスがサブミッションを狙う場面もあったが、再び体を入れ替えた井上が上のポジションを取り返してパウンドと肘を落とし続ける中、試合は終了時間を迎えた。

判定は3-0(3者とも30-26)で井上の勝利。井上は最後まで高い柔術の技術を存分に披露し、UFCデビュー戦で勝利で飾っている。
Facebook Twitter LINE

オクタゴンガール
オフィシャルショップ
FANTASY