UFCファイトナイト・ファイトアイランド5:サンドヘイゲンがモラエスをノックアウト!

UFCファイトナイト コメント 試合結果
UFCファイトナイト・ファイトアイランド5:マルロン・モラエス vs. コーリー・サンドヘイゲン【アラブ首長国連邦・アブダビ/2020年10月11日(Photo by Josh Hedges/Zuffa LLC)】
UFCファイトナイト・ファイトアイランド5:マルロン・モラエス vs. コーリー・サンドヘイゲン【アラブ首長国連邦・アブダビ/2020年10月11日(Photo by Josh Hedges/Zuffa LLC)】
日本時間10月11日(日)、アラブ首長国連邦・アブダビのヤス島に特設したUFCファイトアイランドを舞台に、UFCファイトナイト・ファイトアイランド5が開催され、メインイベントでバンタム級のタイトル戦線を占うマルロン・モラエスとコーリー・サンドヘイゲンの一戦が行われた。

お互いに様子見モードだった第1ラウンドを終えて迎えた次のラウンドはサンドヘイゲンがペースを上げ、回し蹴りがモラエスの頭部にクリーンヒット。衝撃で弾かれたモラエスにサンドヘイゲンが追い打ちのパウンドを見舞って万事休すとなり、サンドヘイゲンのTKO勝利で幕を閉じた。

【メインイベント】
バンタム級マッチ 5分3ラウンド
●マルロン・モラエス vs. コーリー・サンドヘイゲン○
2ラウンド(1分03秒)TKO

コーリー・サンドヘイゲン

「マルロンは本当にキケンなやつだから、距離を取って自分を安全にしておく必要があったんだ。それ以外はとにかく相手を上回ること。向こうがどうやってきたのか分からない。俺の方が集中していたのか、そうじゃなかったのか、彼の方が集中力に欠けていたのか、それは分からない。何度かボディショットを決めてダメージを与えられたとは思う。ヘッドキックもかなりうまく決まったし、いつも軌道に乗っていくから、その方向に攻めたんだ。相手がボディショットを食らっているのは分かっていたし、こっちのセコンドがそれについて話していたのも聞こえたはず。だから、その後は頭を狙っていった。ナンバー1コンテンダーの試合がしたい。スターリングがヤンと対戦すべきだと思う。彼との対戦では完全にしてやられた。だから、自分は、TJが1月に戻ってくるし、フランキーもまだいけるらしいから、そういう人とやりたい。ベルトはそれからだ。説明するのは難しいんだけど、俺はかなり徹底的なタイプだし、かなりタフ。それしか言えない。説明のしようがないんだ。俺にノックアウトする力があることも分かってもらえたはずだ。そのためにがんばってきた。試合に出て、相手よりポイントを多く取るだけがいいとは思っていない。ノックアウトしたいし、それを実行した。向こうのショットも良かったけど、ラウンドの終盤にはすでに息が上がっていたみたいだった。セコンドに、向こうはもうかなり息が激しいって伝えたんだ。俺はまだまだいけたから、あとは時間の問題だなと思っていた。とにかくやるべきことをやり続けるだけだった。どんどん息が荒くなっていって、最後はとっ捕まった感じだろうね」

Facebook Twitter LINE

オクタゴンガール
オフィシャルショップ
FANTASY