UFCファイトナイト・ラスベガス15:プレリムは4試合すべてがフィニッシュ決着

UFCファイトナイト コメント 試合結果
UFCファイトナイト・ラスベガス15:マーティン・デイ vs. アンデルソン・ドス・サントス【アメリカ・ネバダ州ラスベガス/2020年11月28日(Photo by Chris Unger/Zuffa LLC)】
UFCファイトナイト・ラスベガス15:マーティン・デイ vs. アンデルソン・ドス・サントス【アメリカ・ネバダ州ラスベガス/2020年11月28日(Photo by Chris Unger/Zuffa LLC)】
日本時間11月29日(日)、アメリカ・ネバダ州ラスベガスのUFC APEXを舞台にUFCファイトナイト・ラスベガス15が開催され、プレリムで行われた4試合はいずれもフィニッシュ決着で勝負が決した。

【プレリム】
バンタム級マッチ 5分3ラウンド
●マーティン・デイ vs. アンデルソン・ドス・サントス○
1ラウンド(4分35秒)サブミッション(ギロチンチョーク)


アンデルソン・ドス・サントス

「最高の気分だ。UFCで初勝利。本当にうれしい。すぐにでもまた試合がしたい。自分はブラジリアン柔術の黒帯を持っている。向こうは俺をテイクダウンしようとしてきたけど、首と体を残していたから、ギロチンを仕掛けられると思ったんだ。それで一本を取りに行った。普通の試合だったと思うよ。レスリングもムエタイも、ボクシングも柔術も毎日トレーニングしているしね。いい相手といい試合ができた。でも、今日はもっとうまくやれた。何がきても大丈夫。UFCが連絡をくれればいつでもいくよ」


女子フライ級マッチ 5分3ラウンド
○ジーナ・マザニー vs. レイチェル・オストビッチ●
3ラウンド(4分10秒)TKO


ジーナ・マザニー

「いっそうの価値があるように感じるわ。やっているときは最悪だけど、15週間がすべて終わって、その価値があったと思えるから。必死にがんばってきたことを後悔するなんて絶対にできない。すべて価値があるものよ。グラウンドでフィニッシュする計画だったの。もしかしたら、関節技でいけるかもしれないと思っていたけど、彼女がとても柔軟で、グラウンドでの動きが変だった。第2ラウンドでボディショットがヒットした感触があって、向こうも顔をしかめていた。スパーリングではちょこちょこ忍者のトウキックを入れていたの。適切なタイミングで適切な場所に決まったんだと思う。うまくいってよかったわ。効率性についてはもっとがんばらないといけないけれど、かなり楽に彼女を押し込んでいけたと思う。とてもいい感じに動けたし、感触もすごく良かった。フィニッシュを狙っていたし、第1ラウンドで達成できてうれしい。プランは数週間前のオファーでも試合を受けられるようにしておくこと。勢いに乗っていきたいの。トレーニングを継続して、食事も入念にいくつもり。試合があれば歓迎よ」


フライ級マッチ 5分3ラウンド
○ス・ムダルジ vs. マルコム・ゴードン●
1ラウンド(0分44秒)KO


ス・ムダルジ

「今回の試合はあっという間にフィニッシュしたけど、そもそもこれがプランだった。今日(見せたの)がすべてじゃない。すぐにまた試合ができることを願っている。来月、相手は誰でもいいから試合がしたい。ただ、トップランカーがいい」


キャッチウェイト 5分3ラウンド
●ルーク・サンダース vs. ネイト・マネス○
2ラウンド(2分29秒)サブミッション(リアネイキドチョーク)


ネイト・マネス

「相手が少し衰えているような気がした。彼は長い間出場していなかったからね。クリンチのブレイク後に気付いたんだけど、手を下げて俺を探ろうとしていた。ブレイクが終わって、一発かましたらそれがうまくつながった。第1ラウンドは相手の爆発力を予想していたんだ。彼はコンパクトで爆発力のあるヤツだ。その嵐を乗り切った。第2ラウンドでは相手のペースに合わせて動き続けようと思ったんだ。相手は長い間出場していなかったからそうした。良い時間を過ごしたよ。自分の存在を示すことができたと思う。彼はUFCで6戦して、ヘナン・バラオンをノックアウトした。その彼を倒したんだ。上位に突き進む覚悟はできている。俺はトップ15に入り込めるところにいると思う。準備はできている。エイドリアン・ヤネスやナサニエル・ウッドとは面白い戦いになると思う。両者に敬意を持っているし、良い一戦になるだろうね」

Facebook Twitter LINE

オクタゴンガール
オフィシャルショップ
FANTASY