ニック・ディアスに関するUFC声明

UFC
UFCは米アンチ・ドーピング機構(USADA)より、12カ月以内に3度所在確認が取れなかった疑いを発端とする潜在的なアンチ・ドーピング規則違反がニック・ディアスに確認された旨の通知を受けた。他の全てのUFCアスリートと同様、ディアスはUSADAのUFC検査対象者リストに登録されており、競技外の抜き打ち検査に備えて正確な所在情報を申請することが義務付けられている。

UFCが実施するアンチ・ドーピング政策の独立機関であるUSADAは結果管理を行なうとともに、本件に関する適切な裁定を下すことになっている。最終的な判断が行われるまで、ディアスには仮の出場停止処分が科された。UFCアンチ・ドーピング政策の下、いかなる選手であろうと完全かつ公平な確認プロセスを経て制裁が下されることをここに明記する。今回の一件に関して発表すべき事柄がある場合は折を見て随時、公表する。
Facebook Twitter LINE

オクタゴンガール
オフィシャルショップ
FANTASY