グティがホルブルックにTKO勝利で連敗脱出

UFCファイトナイト コメント 試合結果
UFCファイトナイト・ロッテルダム:ティボー・グティ vs. アンドリュー・ホルブルック【オランダ・ロッテルダム/2017年9月2日(Photo by Josh Hedges/Zuffa LLC/Zuffa LLC via Getty Images)】
UFCファイトナイト・ロッテルダム:ティボー・グティ vs. アンドリュー・ホルブルック【オランダ・ロッテルダム/2017年9月2日(Photo by Josh Hedges/Zuffa LLC/Zuffa LLC via Getty Images)】
日本時間9月3日(日)、オランダのアホイ・ロッテルダムでUFCファイトナイト・ロッテルダムが開催され、ライトヘビー級のティボー・グティとアンドリュー・ホルブルックが対戦した。

両者、オーソドックスに構えるも、ホルブルックの方が素早くリズムをつかんだようで身長差を生かして攻め込んでいく。何度かタックルを仕掛けたが、テイクダウンに持ち込めなかったホルブルックは打撃のコンビネーションでチャンスを狙う。しばらくホルブルックの動きを見ていた様子のグティは第1ラウンド残り2分を切った頃から前に出始め、右のハイキックをヒットさせた後、倒れたホルブルックにパウンドを見舞った。何とか立ち上がったホルブルックだが、膝を含めた多彩なコンビネーションを放つグティを前に動きが止まり、4分28秒でレフェリーが試合終了を宣言。

ライト級 5分3ラウンド
○ティボー・グティ vs. アンドリュー・ホルブルック●
1ラウンド(4分28秒)TKO


ティボー・グティ

「ものすごく良い気分だ。ここに来る前にケガをしてしまったから、あまり膝を打ち込めなかったんだ。それを念頭に計画を立てていた。相手が自分と3ラウンドも戦えるとは思わなかったし、判定に持ち込まれる気もしなかった。自分が3敗してしまったことは残念だけど、俺みたいに試合を断らず、ケガだと偽ったり、計量をミスしたりしないファイターは珍しいから、そういうところを見て、またチャンスをくれたらいいんだけどな。良い対戦相手だった。素早くフィニッシュできたから、またチャンスをもらってUFCで続けていくにふさわしいと思っている」

アンドリュー・ホルブルック

「お互いに相手を負かしてやろうと気合が入っていた。ボディキックでちょっと痛めつけられたような手応えがあったから、その方向で攻めていこうとした。またすぐに試合を組んでもらいたい。とにかくやるしかない」
Facebook Twitter LINE

オクタゴンガール
オフィシャルショップ
FANTASY