コリアーがフォルトゥナに判定勝ち

UFCファイトナイト コメント 試合結果
UFCファイトナイト・ノーフォーク:ジェイク・コリアー vs. マルセル・フォルトゥナ【アメリカ・バージニア州ノーフォーク/2017年11月11日(Photo by Brandon Magnus/Zuffa LLC/Zuffa LLC via Getty Images)】
UFCファイトナイト・ノーフォーク:ジェイク・コリアー vs. マルセル・フォルトゥナ【アメリカ・バージニア州ノーフォーク/2017年11月11日(Photo by Brandon Magnus/Zuffa LLC/Zuffa LLC via Getty Images)】
日本時間11月12日(日)、アメリカ・バージニア州ノーフォークにあるTEDコンスタント・コンボケーション・センターでUFCファイトナイト・ノーフォークが開催され、ジェイク・コリアー対マルセル・フォルトゥナのライトヘビー級マッチが行われた。

スタートからお互いに前に出てスピード感のある動きを見せる。コリアーが勢い余って足を滑らせたが、すぐに起き上がって体勢を立て直した。コリアーが積極的に打撃を放つ一方、フォルトゥナは要所で的確な攻撃を組み立てていく。

第2ラウンドもコリアーの勢いは衰えず、フォルトゥナを少しずつ削っていくも、距離を詰めればフォルトゥナも反撃し、タックルからテイクダウンを成功させた後、関節技に入ろうとしたところをひっくり返され、今度はコリアーがマウントポジションを取った。ただ、フィニッシュに至る攻撃を繰り出せぬままラウンド終了を告げるホーンが鳴っている。

最後のラウンドはコリアーがパワーのあるヘッドキックを打ち込み、ワンツーでリズムを取りながら前に出ていく。タックルを仕掛けようと仕草を見せながら、うまく決められなかったフォルトゥナがようやく組み付くチャンスを得たものの、コリアーに返されてスタンディングに戻った。終盤になってフォルトゥナの打撃が当たり始めたが、コリアーを倒すほどのパワーはなく、お互いに決め手を欠いたまま、フルラウンドを戦いきった。

判定の結果、ユナニマス判定でコリアーに軍配が上がっている。

ライトヘビー級マッチ 5分3ラウンド
○ジェイク・コリアー vs. マルセル・フォルトゥナ●
判定3-0(30-27、29-28、29-28)

ジェイク・コリアー


「プレッシャーをかけるのがゲームプランだった。UFCではこれが6戦目。すべてを注ぎ込んでベストを尽くすだけだ。相手の動きが良かった。こんな感じのグラウンドゲームになるだろうと思っていたから、今回の試合に向けて必死にトレーニングしてきたんだ。俺が柔術の白帯を持っているってことを理解しておくべき。相手は黒帯三段だけど、俺が圧勝した。こっちが上げればあっちも上げてくる。あいつとはグラウンドに持ち込みたくなかった。俺のレスリングがうまいってことを見せつけられただけだろうしね」
Facebook Twitter LINE

オクタゴンガール
オフィシャルショップ
FANTASY