シウバに判定勝ちしたメインが母国で通算30勝目

UFCファイトナイト コメント 試合結果
UFCファイトナイト・ウィニペグ:ジョーダン・メイン vs. エリック・シウバ【カナダ・ウィニペグ/2017年12月16日(Photo by Josh Hedges/Zuffa LLC/Zuffa LLC via Getty Images)】
UFCファイトナイト・ウィニペグ:ジョーダン・メイン vs. エリック・シウバ【カナダ・ウィニペグ/2017年12月16日(Photo by Josh Hedges/Zuffa LLC/Zuffa LLC via Getty Images)】
日本時間12月17日(日)、カナダ・マニトバ州ウィニペグのベルMTSプレイスにてUFCファイトナイト・ウィニペグが開催され、オープニングマッチでウェルター級のジョーダン・メインとエリック・シウバが対戦した。

開始早々、メインをケージ際に追い込んだのはシウバだったが、メインが足をかけてテイクダウン。すぐに立ち上がった後、左フックを当てたメインはシウバの攻撃をかわしながらチャンスをうかがう。シウバは積極的に前に出るものの、思うように打撃が当たらない。再び左フックをヒットさせたメインが主導権を握り、第1ラウンド残り1分を切った頃にはシウバをケージに押し込んで連打を見舞っている。

徐々にパンチを当て始めたシウバだが、有効打はメインの方が多い。テイクダウンしてマウントポジションを取ったメインは相手の抵抗に遭いながらも適所でパウンドを食らわせていく。シウバもメインのボディにトライアングルチョークを仕掛けて決定打を打たせなかった。

最終ラウンドは開始直後にシウバがボディキックを狙っていったものの、メインが足をつかんで退ける。タックルからテイクダウンに持ち込んだところで下のシウバがメインの首を取ったが、うまく抜けたメインがシウバを左腕で羽交い締めにしつつ、左腕をつかんで優位な立場をキープ。右手しか使えない状態になりながらも関節技を狙っていくシウバに対し、主導権を譲らないメインは終盤にシウバの背後にまわってチョークを仕掛けにいったが、試合終了を告げるホーンが鳴って勝敗はジャッジの判断に委ねられた。

結果は3名のジャッジがメインの勝利を支持し、メインがキャリア通算30勝目を飾っている。

ウェルター級マッチ 5分3ラウンド
○ジョーダン・メイン vs. エリック・シウバ●
判定3-0(30-26、27-30、27-30)

ジョーダン・メイン


「勝利街道に戻れて最高の気分だ。しかもカナダで実現できたからね。相手はとてもタフなヤツだったし、その強さには驚いたけれど、自分の方が多くのことをやれたと思っていたから、必ず勝てると分かっていた。すべてがはまった感じ。ジムに戻って、もっとうまくなりたい。今日みたいな試合を続けていきたいと思っている。ケージの中で全力を尽くせたし、試合の度にそうできるようにしないといけない。応援してくれるすべての人に感謝したい。またオクタゴンに戻る日が待ち遠しいよ」
Facebook Twitter LINE

オクタゴンガール
オフィシャルショップ
FANTASY