ペレイラが判定の末に連勝記録を更新

UFC PPV 試合レポート
UFC 212:ビビアン・ペレイラ vs. ジェイミー・モイル【ブラジル・リオデジャネイロ/2017年6月3日(Photo by Jeff Bottari/Zuffa LLC/Zuffa LLC via Getty Images)】
UFC 212:ビビアン・ペレイラ vs. ジェイミー・モイル【ブラジル・リオデジャネイロ/2017年6月3日(Photo by Jeff Bottari/Zuffa LLC/Zuffa LLC via Getty Images)】
日本時間6月4日(日)、ブラジル・リオデジャネイロにあるジュネス・アリーナでUFC 212が開催され、ビビアン・ペレイラ対ジェイミー・モイルの女子ストロー級マッチが行われた。

地元ブラジルのペレイラはキャリアを通して12連勝を挙げており、前回のオクタゴンデビュー戦もヴァレリー・レターノーに2-1で競り勝っている。一方、4勝1敗で今回の一戦を迎えたアメリカのモイルもオクタゴンデビューを果たしたばかりで、初戦を3-0の判定勝利で終えている。

第1ラウンドは牽制のローを放つモイルに対して、伸びのあるワンツーを返すペレイラが、さらにローに合わせてテイクダウンを狙うも、モイルは金網を背にディフェンス。両者が離れた後、モイルの左ローに右ストレートを合わせたペレイラが警戒に身体を振りながらプレッシャーを強めてジャブも当ててみせた。

第2ラウンドもペレイラの伸びのあるワンツーがモイルの顔面をとらえる場面が目立つ。徐々にプレッシャーを強めるペレイラは時にモイルをケージ際に詰めてコンビネーションを放った。終盤、モイルのローを取って後ろに倒したペレイラが仰向けのモイルの足にローを入れていった。

第3ラウンド、距離を詰めたいモイルだが、ペレイラの鋭いカウンターのワンツーをもらってしまう。結局、試合終了までペレイラがカウンターを当てる展開が続いた。

判定は3-0(29-28、30-27、30-27)でペレイラに軍配が上がっている。勝ったペレイラは「とてもうれしいわ。これで無敗のまま13連勝できた。私は99%ストライカーだけど、残りの1%はどんな局面でも対応するつもり」と語った。
Facebook Twitter LINE

オクタゴンガール
オフィシャルショップ
FANTASY